ブログトップ

お竹さんは心配症

行きはヨイヨイ(゚∀゚)! 帰りは<丶´Д`>ゲッソリ 奥祖谷の旅6

さて、ご機嫌で奥祖谷二重かずら橋を出発したお竹一家。
国道439~438号線の山道を経由して、美馬市のキャンプ場に向かいます。

剣山の登山口まではずっと登り坂。
相変わらず、バッテリーの警告ランプは点いたり消えたりの繰り返しです。
が、奥祖谷でエンジン始動した時も、『しゅるるん♪』と快調にかかってくれたので
その頃にはもう、警告ランプの接触がちょっと悪い程度にしか思っていませんでした。

剣山登山口を過ぎるとあとは下り坂です。
下り坂になると、警告ランプは消えている事の方が多くなり
点いていても、ブレーキを踏んで車を停止させるとすぐ消えるという感じでした。

今までずっと民家もない山道を走っていたのですが
順調に坂を下り、つるぎ町一宇(旧一宇村)にさしかかった時の事です。
前から来た車と離合するため、ブレーキを踏み、加速しようとアクセル踏んだ瞬間

『あれ?アクセル効いてない?!(゚Д゚;)』

踏んでも踏んでも、車のエンジンが吹く感じがしないのです。
とりあえず下り坂なので、車は前に進むのですが、どう考えても惰性…(´-ω-`)

『やばい!!これは非常にやばい!!(゚Д゚;)』

と思っていると、今度はナビの画面が点いたり消えたりし始めて

『ぬぉぉ~!!まずいぞ!!かなりまずいぞ!!』

と思って、とりあえず、道が広くなっているところを見つけて車を停めました。
エンジンを切ってしまうと、次にかからなくなったら困ると思って
エンジンはかけっぱなしにしていたのですが、車を停車させて間もなく
とうとうエンジンが止まってしまい、それからはウンともスンとも…(´・ω・`)

こうなるともうお手上げです。その時はバッテリーの不具合だと思いましたが
専門家じゃないのでわからない。
と、丁度車を停めた場所の前が商店さんだったので
お店の人に、どこか近くに車屋さんはないかと聞いてみる事に…。

どうやらすぐ近くに車屋さんがあるらしく、親切に電話番号を教えていただきました。
で、早速おとっつぁんが電話してみると『出た!!(゚∀゚)ヨカッタ!』
祭日だったので、お休みしてたらどうしようと思っていたんですよね(^^;)

んで、とっつぁんが電話で事情を説明すると、その車屋さんがいうには
走ってて止まったんなら、バッテリーじゃなくて恐らくダイナモ(発電機)だろうと…。
え”…ダイナモ??? ダイナモてて、まだ7万キロちょいしか走ってないのに?!
悪いけど、ダイナモいかれる程、年式も距離もいっとりまへんで?

電話を切ったおとっつぁん、『今から来てくれるらしい』というので待っていたら
ほどなく車屋さんが充電器を持って現れました。
セレナのバッテリーと充電器をつないでエンジンかけたら…かかった!!(゚∀゚)アヒャ
と、喜んだのもつかの間。車屋さんが言います。
『今はかかったけど、ダイナモがダメになってるから、1kmも走ったらまた止まるで』

     ・・・だめじゃん(´・ω・`)ショボーン・・・

さらに車屋さんが言います。
『直してあげたいけど、今日は祭日で部品屋が休みやから、今すぐは無理なんよ
うちで直すなら代車も貸してあげられるけど、直るのは週明けになってまうよ。』

うーん…。代車やら貸してもらえるのはありがたいけど
荷物たっぷりあるし、何より太郎もおるし、車が直ったらここまで取りに来ないかんのがなぁ…。
すごく親切な車屋さんだけど、ここで直してもらうってのは現実的じゃないし
第一、車検切れが目の前まで迫ってるし…。

松山の行きつけの車屋さんは、不運な事に祭日はお休み…。
なので、いくら電話しても誰も出ません。そらそうじゃわの(´・ω・`)
もしここで電話がつながったら、無理を言って取りに来てもらう事も可能なのですが…。
困っていたら、車屋さんが『保険でロードサービスついてない?』と…。

うぉう!!その手があったか!!!と、すぐに代理店の担当の子の携帯に電話。
彼も仕事はお休みだったのですが、すぐに対応してくれ、とりあえずロードサービス使って
一番近い日産のディーラーまでレッカー移動する事になりました。

実は…後から解った事なのですが、この時に
わざわざ徳島のディーラーに預けなくても、愛媛に帰っていれば良かったのです。
なぜかというと、お竹さん、『運搬・搬送・引取費用特約』をつけていたので
車両保険金額の10%or上限15万円までは保険でまかなえるようになってたんです。

が、レッカーを手配してくれた三井〇友のサービス係の女の子も
『15kmまでは無料です』としか言わなかったので
松山までレッカー移動したら、どんだけ請求されるねんヽ(`Д´)ノ ウワァァン!!
って感じだったんですよね…。

本来なら、この時点で電話口のお姉ちゃんは、私の保険の内容を確認してるはずなので
特約の話をしてくれないといけないはずだったのですが
運悪く、新人か委託の子だったのか、単にトロくさい子だったのか…(´・ω・`)

でもそんなもん、保険の証券に書いとるやん?と思われると思うのですが
車に積んでいた証券が一昨年のもので
その時点ではまだその特約に加入していなかったので解らんかったんです。
保険の内容の確認と、常に新しい証券を携帯しておくっのって
大事な事なんだなぁと痛感…。皆さんもお気をつけくださいませ(^^;)

んでもって、この時に愛媛まで帰ってれば、後々余計なお金を使わなくて済んだのですが
これはまた後述することにして…。

保険屋の手配から1時間半後、レッカー車がやってきてくれました。
レッカーの運ちゃんが神様に見えたぜ~!神キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
長い事車を止めさせていただいた商店主さんにお礼を言って
エンジン停止から実に2時間半後に、やっとここから出発できる事になりました…。

停止した辺りに民家や学校があったので、もうかなり山から下りてるはずと思ってたけど
たまたまそこに集落があっただけで、いざ出発するとまだまだ全然山奥でした。
ほんま、車止まったとこが人里で良かったわ~(笑)不幸中の幸いとはこの事(^^;)

あの時の車屋さん、商店主さん、レッカーの運転手さん、ありがとうございました。
徳島の人はホンマ、ええ人が多いなぁとしみじみ…(´▽`)
f0008935_1461255.jpg

そんなこんなで、出発から1時間かけて(山道40分。街中20分(笑))
脇町にある日産のディーラーにひとまず預けられたセレナちゃん。
翌日、松山の車屋さんと連絡取れるまで置かせてもらう事になりました。

問題はお竹一家の人間と犬です(笑)
レッカーを手配してくれた時の電話で保険屋の女の子が言うには
JR・バス・タクシー等使って帰宅した場合、当日分なら保険が適用されますよと。
が、まさか太郎と一緒に電車やバス、ましてタクシーに乗れるわけありません(^^;)

どうしようか考えて、レンタカーを借りる事にしました
(結局、レンタカー代も保険でOKでした)
次なる問題は、今日帰ってしまうか、ヤケクソでキャンプを続行するか…。

おとっつぁんは『帰ろう、帰ろう』と、ずーっと帰りたがってます。
ホンマ、小心者やわこのおっさんヽ(`Д´)ノ ウワァァン!!
ここでお竹さん、来客時の太郎の如く吠えた(笑)

『ええか?車が徳島にあるのに、人間だけ帰ってもしゃーないやろ?
キャンプ場やって、当日キャンセルになるんやで?
レンタカー借りて帰ったところで、また徳島まで車返しに来ないかんので?
民間のレンタカー屋さんやけん、乗り捨てできんのやけん!
どうせ友進自動車(行きつけの車屋さん)と連絡取れるのは翌日なんやけん
もし友進が明日来てくれるんなら、明日友進さんと一緒に帰ったらええやんか!
ほんだらわざわざレンタカー返しに来んで済むし、ついでに友進で代車も借りれるし
このままキャンプ続行しようぜ!』

…と、おとっつぁんを説得(笑)
おとっつぁん、わかったようなわからんような感じでしたけど、納得(^^;)
そのままキャンプ続行とあいなりました。

                                        続く

※沢山のコメント、本当にありがとうございます。全てありがた~く読ませていただいております。


↑ありがとうございます

[PR]
by nyayu2648 | 2012-10-01 23:59 | 旅行・お出かけ