ブログトップ

お竹さんは心配症

お遍路3回目 1日目 18番恩山寺~19番立江寺

早いものでもう12月ですね~(笑)
お遍路日記、書かねば書かねばと思っているうちに、今年が終わりそうです(^^;)

正直、『もう書かなくてもいいか…』などと不届きな事も思ったりしたのですが
せっかく1番札所からずっと書いてきているので
ここはひとつ、頑張って更新しようと思います(´∀`;)アハハ
何せ、朝も30分早く出勤、12月は土曜日も全部出勤ってことで
現在週休1日制となっておりますので(笑)
飛び飛びの更新になると思いますが、年内にはなんとかしたいと思ってますm(_ _)m

。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

10月12日夜、一度実家に寄って、投薬の必要なめいちゃんと
老猫ぺロさんを預けて、今夜の宿泊地、『道の駅 公方の郷なかがわ』を目指します。
翌日は小松島市にある18番の恩山寺からのスタートなのですが
こちらの道は小松島市を通り越して、阿南市になります。
小松島に適当な宿泊地が見当たらなかったので、ちょっと通り越すけど仕方ない…
ってことで、ここに決定しました。

明けて翌朝、10月13日。
f0008935_121251.jpg

道の駅、公方の郷なかがわを出発して、小松島市に引き返し
18番札所の恩山寺を目指します。
f0008935_122166.jpg

駐車場に車を停めて、えっちらおっちら、山道を上がっていきます。
f0008935_1242278.jpg

ちょうど坂を登りきったところで、大きなお大師様の像が迎えてくれました(^-^)
f0008935_127251.jpg

急な階段を登りきったところに本堂があります。
階段嫌いの太郎が登るのを拒否したので(笑)
おとっつぁんと交代で本堂まで上がり、一人づつ参拝しました(^^;)
f0008935_1293649.jpg

こちらが大師堂。大師堂右側の手前に見える小さな建物は『玉依御前の剃髪所』
弘法大師のお母様が剃髪した場所とされ、母君の髪の毛が安置されているそうです。
f0008935_12142623.jpg

f0008935_12575717.jpg

また、こちらのお寺には地蔵堂があり
五百羅漢等、沢山の仏像が安置されていました。
f0008935_12173559.jpg

帰り際、このお大師様の銅像の前からなかなか動かなかった太郎…。
押しても引っ張ってもダメ。仕方ないので暫くここに佇んでいましたが(笑)
よっぽどここが気に入ったのかしらん?(^^;)

そんなこんなで、やっと太郎が腰を上げてくれたので
次の目的地、19番札所の立江寺へと向かいます。
f0008935_12222912.jpg

立江寺山門。沢山の人が入れ替わり立ち替わり、写真を撮っていました。
f0008935_1231199.jpg

立江寺の本堂。
f0008935_12321313.jpg

こちらの本堂を入って左側には寿老人が
右側には画像の賓頭盧尊者(びんづるそんじゃ)が安置されていて
息災延命等の願いをかなえてくれると言い伝えられています。
f0008935_12372932.jpg

f0008935_12374416.jpg

境内では、男の子が鳩に餌をあげたりしてのんびりとした時間が流れていました(^^)

が!こんなのんびりとした雰囲気とは裏腹に、ここのお寺にある『黒髪堂』に
『肉付鐘の緒』という、世にも恐ろしいものが安置されておりまして…(><;)
ざっくり申しますと、不貞をはたらいた女性の髪の毛が鐘に巻きつき
住職にお願いして懺悔すると、巻きついた髪の毛が頭の肉ごと剥がれたという…。
なんとも((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルなお話でありますな(´-ω-`;)

ヘタレのお竹は『今夜夢にでも出てきたら大変』とばかりに
その実物は見ておりませんが、興味がある人は是非…。
ただ、髪の毛の量も想像より多くて、かなりグロいらしいです…(´Д`;)ウヘァ

さて、次はいよいよ、焼山寺と並んで阿波の難所ともいわれる
20番札所、『鶴林寺』を目指します!
                                       ~続く~

※沢山のコメント、本当にありがとうございます。全てありがた~く読ませていただいております。


↑ありがとうございます

[PR]
by nyayu2648 | 2013-11-30 23:59 | 犬連れ遍路