ブログトップ

お竹さんは心配症

お遍路4回目 第39番延光寺

もう毎回お馴染になっているフレーズだと思いますが(笑)
また長い事放置してしまいました(^^;)

早く書かねばとは常々思っているのですが
画像加工して、写真や資料見つつ、思い出しながら書いて
何度も校正して・・・という作業が、まぁなんというか・・・面倒くさくて(´∀`;)アハハ

実は、この足摺遠征遍路から帰った後も
日帰りで高知市内のお寺を周り、愛媛県内のお寺も数件参拝し
すでに半分以上のお寺を終えておりまして(^ω^;)

とっとと書かないと記事が追いつかないのですが、まぁなんというか
グータラですわ~(;´д`)トホホ…

まだ11月だというのに、すでに職場は土曜日出勤と朝も30分の早出になってて
忙しいのなんのって・・・。日曜出勤まで言い出すんじゃないかという有様でして
それがますます私の更新意欲をかき消すのであります(=_=;)

とまぁ、今回の言い訳はこのくらいで勘弁してもらって(^^;)
前回の続き、いってみよ~う!

。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

足摺観光を諦めたために、大幅に時間があまってしまったお竹一家。
結局、明日行く予定だった、高知県最後のお寺、第38番札所・延光寺を目指す事に。

延光寺は、今回の宿泊地のキャンプ場より愛媛県寄りになります。
なので、予定としては翌日、キャンプ場を出て一発目に行くつもりだったのです。

何せ、金剛福寺からでも1時間半くらいかかりますから
お寺に行って帰ってしてたら、かなりの時間のロスになります。
でも、金剛福寺の参拝を終えたのが昼の12時半で
キャンプ場のインが午後3時。どう考えても時間余りすぎです(笑)

そんなこんなで、午後2時過ぎに、延光寺に到着いたしました。
f0008935_018048.jpg

太郎も連れて行ってやろうと一旦車から降ろしたのですが
山門のところに、『ペットの入山はご遠慮願います』と書いとりました(^^;)
仕方ないので、またまた車に戻って太郎さんを待機させて境内へ・・・。
f0008935_2354255.jpg

ここでも、入口を入ったところで亀さんが迎えてくれました。
この亀さん、元々このお寺の池に住んでいた亀らしく
ある日姿を消したと思ったら、鐘を背負って帰ってきたそうで・・・。
f0008935_23565366.jpg

まさか、お寺にあるこの鐘の事ではないと思いますが(^^;)
f0008935_23582345.jpg

延光寺・本堂。
f0008935_23595667.jpg

延光寺・大師堂。

と、無事にここでも参拝を終え、おとっつぁんは納経に・・・。
私は一人で境内をウロウロしていたのですが
本堂の脇に、『眼洗いの井戸』なるものを発見!
f0008935_025328.jpg

なんでも、お大師様が持っていた杖で地面を突くと、そこから霊水が湧き出て
それが今でも『眼洗い井戸』として残っているそう。
眼病に御利益があるということで、特に眼病というわけではないんだけど
数週間前から右まぶたがピクピクするのが気になっていたので
この井戸のお水をぴちゃぴちゃとまぶたにまぶしてみました。

それがそれが、数日後に気がついたのですが、この霊水の御利益なのか、
この日から右まぶたのピクピクが治まったんですよ!
おとっつぁんにこの話をすると、ニヤニヤ笑いながら
『ふーん・・・ほりゃ良かったのう( ̄ー ̄)フフフ バカジャネ?』って感じだったんですが
私はこの眼洗い井戸の霊水のお陰だと信じる!(・・・者は救われるもんね!(`´)フンッ!)

眼洗いの井戸の裏手には、小さな祠のようなものもありました。
f0008935_0103584.jpg

云われはわからないのですが、お寺巡りをしていると
よく境内の内外に、こういった祠みたいなものをよく見かけます。
f0008935_0232833.jpg

・・・そんなこんなで参拝も無事に終え、延光寺のある宿毛(すくも)市から
キャンプ場のある四万十市まで引き返します。
途中のスーパーで買い物も済ませ、当初の予定よりかなり遅くなりましたが
午後4時過ぎに、無事にキャンプ場にチェックインすることができました。

                                          ~続く

※沢山のコメント、本当にありがとうございます。全てありがた~く読ませていただいております。


↑ありがとうございます

[PR]
by nyayu2648 | 2014-11-24 23:59 | 犬連れ遍路