ブログトップ

お竹さんは心配症

自殺問題を考える

ここのところ、毎日のように自殺の報道があります。

いじめに耐えかねて死ぬ子供達。
履修問題に責任を感じて死ぬ先生。
悪い事をしてバレて死ぬ偉い人。
生活苦で死ぬ人、借金苦で死ぬ人…。
多分、報道されないだけで毎日どこかで自ら命を絶つ人が大勢いるんだろうな。

私もカミングアウトしますが、自殺経験者です。
20代前半で、とてもとても哀しいことが立て続けに沢山起きて
生きるということの意味を見失い、思考力も低下してました。
計3回の自殺未遂で、入退院を繰り返し
社会復帰は不可能と医者に診断されたこともありました。

でも、今こうして元気に毎日暮らしてます。
あの時に死ななくて良かった。死ねなくて、よかった。
心の底からそう思います。

死にたいくらい、辛い。

その気持ちは、私には痛いほどわかります。
いっそ死んだほうが楽だと思う気持ちも、手に取るほどわかります。

けど、せっかく生まれてきたんです。
生きなきゃ。
生きていても、辛いことばかりの毎日じゃ、死にたくなるのも、よくわかります。
でも、生きなきゃ。

生きたくても、生きられない人も大勢いるんです。

私は今、生きててよかったと心の底から思います。

もし、今自殺を考えて、縁あってこのブログを見た人がいたら
どうぞ、もう一度、もう一回、考え直してください。
あなたが今、毎日とても辛い状況にあっても
それが永遠に続く事は絶対にありません。
夜は必ず明けるし、寒い冬の後には、かならず暖かい春がやってきます。


私は、本当に今、生きててよかったと思ってるよ。
あなたにも、きっとそう思える時が必ず来るよ。
[PR]
by nyayu2648 | 2006-11-14 16:28 | Myself | Comments(0)