ブログトップ

お竹さんは心配症

ひゃっかの雪花(まんばのけんちゃん)

昨日実家から『ひゃっか(まんば)』をもらって帰ったので
『ひゃっかの雪花』を作りました。

これは讃岐の郷土料理で、ひゃっかとは高菜の一種だそうです。
このひゃっかをさっと茹でて、一晩水につけてアク抜きしたものを使います。
今回はアク抜きまでは母親がやってくれていたので楽チン。

ひゃっかを適当な大きさに切って
くずした豆腐、細長く切った油揚げと一緒にいためます。
適当に炒めたところで、だし汁、醤油、みりんを加えてしばらく煮ればできあがり♪
f0008935_2134993.jpg

香川県では給食にも出てくるくらい、ポピュラーな家庭料理です。
ひゃっかの代わりに小松菜等でもできますが、この味は出せない。

ちなみに、西讃地方では『ひゃっかの雪花』
東讃地方では『まんばのけんちゃん』と呼びます。
(ひゃっかは百華もしくは百花、まんばは万葉と書くようです。)

ひゃっかの雪花は、豆腐を雪の花に見立てた呼び名。
まんばのけんちゃんの『けんちゃん』は
野菜を崩した豆腐と一緒に炒め煮にする『けんちん』が訛ったものだそうです。

温かくても、冷えても美味しいひゃっかの雪花。
ひゃっかが出回る季節になると食べたくなる郷土料理です。
(でも、なぜか松山近辺にひゃっかは売っていません(泣))
[PR]
by nyayu2648 | 2006-12-11 21:09 | ごはん・おやつ | Comments(0)