ブログトップ

お竹さんは心配症

カテゴリ:犬連れ遍路( 40 )

さて、早くも師走。12月になってしまいました。
今年中には結願できると思っていたはずなのですが
結局、来年に持ち越しになりそうです(^^;)

ではでは、11回目のお遍路の続きをば・・・。

なんだかんだで雲辺寺で1時間程過ごした後、第67番・大興寺へ。
この辺りになると、ナビなしでもスイスイ行けるくらいの地元ィ(ジモティ)お竹w
今回は、普段使っている道が工事中で通行止めだったので
一つ手前(雲辺寺側からだと、一本西側の道)を曲がるようにとの看板がありました。
f0008935_22355486.jpg

大興寺山門。中の仁王像は運慶作で、高さ3.14mあり
四国霊場の中では最も大きな仁王像となります。
f0008935_22385321.jpg

おとっつぁん鐘突きます。ゴ~ン!
f0008935_22411895.jpg

大興寺本堂。本堂左側にちらっと見える建物が大師堂。
右側の建物も大師堂なのですが、こちらは天台宗の大師堂。
元々は天平の頃に、東大寺(華厳宗)の末寺として開かれたのですが
後の時代に最澄の影響で天台宗となり、その後火災で焼失した諸堂を
弘法大師が再建したことで、真言宗と天台宗のお堂が並ぶようになったそうです。
f0008935_22473836.jpg

大興寺大師堂。こちらは真言宗のものです。

さて、第67番の大興寺でお参りをすませて、順番的には次の第68番・神恵院へ・・・
となるところなのですが、帰りに実家に寄るつもりでしたので
ルート的な事を考えて、先に第70番の本山寺に参拝することにしました。

おとっつぁんはなるべく順番通りに行きたかったみたいなんですが
運転手は私なので、つべこべは言わさないw
だいたい、神恵院に行く途中の道にあるんだし、その方が効率的だしぃ~

てなわけで、第70番・本山寺へ。
ここもよく知ってるお寺なんですが、なんか以前と雰囲気が違うような・・・。
f0008935_22533086.jpg

本山寺山門。看板(?)だけ新品にになってるw
それに、境内ももっと鬱蒼とした感じだったような気がするんだけど・・・。
f0008935_2255433.jpg

本山寺本堂。鎌倉時代に建立時そのままの建物で、国宝です。
f0008935_22564984.jpg

本山寺大師堂。
この本山寺、五重塔があるので、地元でも名の知れたお寺なのですが
本堂脇の看板にもあったように、現在修復中です。
f0008935_2322732.jpg

足場にぐるりと覆われた姿で、ちょっと残念(^^;)

本山寺で参拝を終えて駐車場に向かっていると、大興寺でお見かけした女性が
『これ、どうぞ(^-^)』とみかんを手渡してくれました。
雲辺寺の近くのみかん畑でいただいたものだそうで、おすそわけにと・・・。
ありがたく頂戴いたしました。
今はみかんの国の人ですが、うどんの国のみかんも美味しいよ(笑)

そんなハートフルな出来事にほっこりしながら、次のお寺を目指します。
先ほどすっとばした、第68番・神恵院と、第67番観音寺です。
この二つのお寺、同じ敷地内にあるので、参拝もラクチン。
おまけに、子供の頃、このお寺と同じ町内に住んでいた事もあって
お馴染みすぎて『なんだかなぁ~(^ω^;)by阿藤快』って感じなんですがね(笑)
f0008935_2310037.jpg

神恵院・観音寺山門。お寺は二つだけど、山門はひとつです。
ちなみに、納経所も一つです。
f0008935_23132959.jpg

神恵院本堂。ちなみに、この建物は平成に入ってからのもので
この建物は、外から見ると四角いコンクリート作りの殺風景なものです。
私が子供の頃はもっとちゃんとした(?)いかにもお寺!って感じの建物だったのですが
なんでこんな近代的なハコモノ寺にしちゃうんでしょうねぇ・・・。
まぁ、お金もかかるだろうし、宮大工もおらんのかもしれんけど、納得いかんわ。
f0008935_23171040.jpg

神恵院大師堂。
f0008935_23185825.jpg

続いて、観音寺本堂。
こちらは室町時代に建てられた朱塗りの建物で、国の重要文化財です。
本堂内には、南北朝時代の落書きもあるそうです。見た事ないけどw
f0008935_23253830.jpg

観音寺大師堂。こちらも朱塗りの綺麗な建物です。
あと、この観音寺の鐘楼堂の彫刻はすごいです。
f0008935_23312260.jpg

f0008935_23321228.jpg

これで今回のお寺は終了。
ここまで来てそのまま帰るわけにもイカンので、ちょっと実家に寄りまして・・・。
f0008935_23375397.jpg

大ちゃん!可愛いよ大ちゃん❤
f0008935_23381363.jpg

左上にあんなこと書いてますが、大ちゃんは太郎と違って噛みません(爆)

ちょっとだけ寄って帰るつもりだったんですが
両親がご飯を食べて帰れというので、皆で近所のラーメン店に行って
腹いっぱい食べて、お持ち帰りまでして帰りましたヽ(;▽)ノ ギャハハ

親父殿、母上、おとっつぁんと、私以外が全員ビールを飲んでいたのが恨めしい(爆)
いっそ飲んで、泊って帰っても良かったのですが
泊りの用意もしてないし、太郎も御猫様もほっぽらかしなので帰宅しましたとさw

そんなこんなで、今年のお遍路は終わりです。多分。
残りは18ケ寺。来年こそ結願して、高野山に行きたいと思っております(笑)

※沢山のコメント、本当にありがとうございます。全てありがた~く読ませていただいております。


↑ありがとうございます

[PR]
by nyayu2648 | 2015-12-02 23:43 | 犬連れ遍路 | Comments(2)

11月22日の日曜日に、愛媛県最後のお寺、第65番札所三角寺と
香川県の5か所のお寺、計6ヶ寺を日帰りで参拝してきました。

本当はホッとステイまんのうで一泊して、もう少し回るつもりだったのですが
まんのう公園でイルミネーション等のイベントを開催している関係か
11月のほったら寒い時期なのに、キャンプ場は満杯。
キャンセルが出るかと期待していましたが、比較的暖かかったせいかそれもなく
実家にでも一泊しようかと思ったりもしたのですが
母が少し体調を崩していたこともあり、日帰りということになりました。

てなわけで、午前10時半くらいに自宅を出発。
松山ICから高速に乗り、三島川之江ICで下りて、愛媛県最後のお寺、三角寺へ。
ICから比較的近い場所にあるのですが
国道192号線からの入り口が少し解りにくいのと
そこからお寺までの道がちょっと狭いです(横峰寺よりは100倍マシw)
f0008935_2364829.jpg

駐車場に車を停めて、料金200円払い、この階段を上っていきます。
f0008935_2383257.jpg

三角寺山門。山門に鐘があるのって珍しいw
山門をくぐって境内に入ると、沢山の子供連れのファミリーが弁当食ってましたw
子供会の遠足かいな?
このお寺、山の中腹にあり、標高430mの位置にあります。
ここまで徒歩で上がってくるのは、かなり良い運動になると思います。
f0008935_23121212.jpg

三角寺本堂。約150年前に再建された建物だそうです。
f0008935_2314096.jpg

f0008935_23152010.jpg

三角寺大師堂。紅葉がとてもきれいです。
f0008935_231779.jpg

画像の左側は薬師堂。右側の祠は池の中にあって
ここに弘法大師が三角の護摩壇を築いたことから、お寺の名前が三角寺になったとか。
ちなみにこの三角寺、桜の名所にもなっていて、かの小林一茶が
『これでこそ 登りかひあり 山桜』という句を残しています。
f0008935_2320355.jpg

季節外れの桜も咲いておりました(笑)

さて、この三角寺で愛媛県のお寺も全て終了。
いよいよ涅槃の道場、香川県のお寺に突入です!
香川県最初のお寺は、第66番・雲辺寺。
お竹の実家から比較的近い場所にあり、なじみのあるお寺です。

小学生の頃、家族でここに初詣に来た記憶があるのですが
その頃はまだロープウェイもなく、毎年正月頃には雪も降っていましたので
お寺に向かう山道の途中で、父が車にチェーンを巻いていたのを思い出します。
f0008935_23252722.jpg

瀬戸大橋開通の前年にロープウェイが開通し、随分ラクチンになりましたw
この雲辺寺、標高911mの雲辺寺山山頂にあり
四国88か所の中で一番高い所にあるお寺です。

ちなみにこのロープウェイ、往復2060円。
全長2.6km、高低差660m。
片道7分で麓から山頂へ到着いたします。毎秒10mと、かなりの速度ですw
f0008935_23324315.jpg

雲辺寺山門。かなり新しくて、めちゃくちゃ綺麗です。
私が最後に雲辺寺に登ったのが多分20歳くらいの時なのですが
その時はこんな山門じゃなかったです。
f0008935_23361849.jpg

雲辺寺本堂。こちらは2009年落成で、ほんの6年前ですな。
f0008935_23392615.jpg

こちら、本堂近くにある『おたのみなす』。
おとっつぁんの腰かけている石が茄子の形をしていて
腰かけると努力が報われて願いが叶うというもの。まずは努力せいよw

本堂から大師堂までは少し距離があるので、とことこ歩いていきます。
f0008935_23423865.jpg

タヌキさん、案内ありがとうw
f0008935_23434862.jpg

雲辺寺大師堂。こちらの建物は古そうで、何故かホッとしました(笑)
f0008935_23463233.jpg

納経所。
f0008935_23475290.jpg

山頂付近にある駐車場の紅葉がきれいでした。
やはり、ロープウェイを利用する人が圧倒的多数なので
車は殆ど停まっていませんでした。駐車していた車は全て徳島ナンバーw
ちなみにこの雲辺寺、香川県のお寺となっていますが、住所は徳島県です。
境内に、県境プレートがあり、ロープウェイの駅は香川県側になります。
f0008935_23532491.jpg

f0008935_23542110.jpg

広い境内の参道には五百羅漢が・・・。
f0008935_23562133.jpg

大師乳銀杏も紅葉してきれいです。さすが標高1000m(笑)
このちょうど1000m付近に毘沙門天像があり、像の足元が展望台となっています。
f0008935_005624.jpg

超逆光だったので、かなり補正かけて、やっとこれくらい見えるように(笑)
せっかくなので、展望台に上がってみます。
f0008935_04567.jpg

f0008935_041562.jpg

残念ながら、なーんも見えませんでしたヽ(;▽)ノ ギャハハ

なんだかんだで、一時間程雲辺寺でウロウロしておりました。
再びロープウェイで下山後、次の第67番・大興寺へと向かいます。
画像が多くなりましたので、続きは次回!!

※沢山のコメント、本当にありがとうございます。全てありがた~く読ませていただいております。


↑ありがとうございます

[PR]
by nyayu2648 | 2015-11-27 23:59 | 犬連れ遍路

前回の今治編から、また期間が空いてしまいました(笑)
まぁ、いつもの事なので気にしない(^^;)
今回は、11月1日に行ってきた、西条編です。

前回の今治編での最後のお寺が第59番の国分寺でした。
順番からいうと、第60番の横峰寺に行くのが順当なのですが
この横峰寺、かなり山の上の方にあって、時間もかかるので
比較的近所に点在している、西条市内のお寺を先に参拝して
横峰寺は最後に行く事にしました。

てなわけで、今回は高速道路を使い、小松ICで下りて、最寄りの第61番・香園寺へ。
f0008935_22333487.jpg

一見するとお寺には見えませんが、香園寺の本堂です(^^;)
大師堂は、この建物の脇の階段(画像左側)を上がって二階になります。
f0008935_2235111.jpg

二階にある、大師堂の入り口です。
この奥に、御本尊の大日如来像と、大師像が祀られています。

この香園寺、お寺と言うより、何かの新興宗教の建物みたいで微妙な気分でしたが
気を取り直して、次の第62番・宝寿寺に向かいます。
61番の香園寺からは車で5分ほどの距離です。
f0008935_22393086.jpg

駐車場から見た宝寿寺。うん、やっぱお寺はこうでなくちゃ(笑)
ちなみに正面に見えているのは旧本堂で、今は本堂は別の建物になっています。
f0008935_22411596.jpg

宝寿寺本堂。ちなみに手前はおとっつぁん(笑)
f0008935_22425085.jpg

宝寿寺大師堂。全体的にこぢんまりしたお寺ですね。

続いて第63番・吉祥寺へ。こちらも宝寿寺からは5分ほどで行けます。
f0008935_22485841.jpg

吉祥寺山門。手前の象さんが、インド的雰囲気を醸しております(笑)
f0008935_2251142.jpg

吉祥寺本堂。インド的象さんとは似ても似つかぬ、純和風の重厚な本堂です。
f0008935_22524994.jpg

吉祥寺大師堂。
この吉祥寺、寺宝にマリア観音像(非公開)があるらしく
高知沖で難破したイスパニアの船長から、長宗我部元親に贈られたもので
元親さん、このマリア様を観音像と思い込み、丁重にお祀りしたんだとか。
お陰でこのマリア様は、江戸時代のキリスト教禁令の時も無事だったそうです。
勘違い元親さん、まさかのΣd(゚д゚*)グッジョブ!!

マリア像、一回くらいは見てみたいと思いつつ、次の第64番・前神寺へ。
吉祥寺からは車で10分ほどです。
f0008935_2321019.jpg

前神寺山門。お寺なのに、何故か狛犬が鎮座ましまし・・・。
この前神寺、山岳信仰の一つとされる、石鎚山の麓に位置しておりまして
修験道の根本道場ともなっているそうで30万人!(◎o◎)の信徒がいるとか…。
f0008935_237611.jpg

なので、本堂もこのように、神社様式となっていて
なんだか、数年前に訪れた出雲大社を思い出しましたよ(^^;)
f0008935_2385755.jpg

こちらは境内にある御滝行不動尊。昔はここで滝に打たれて修行してたそうです。
f0008935_2311418.jpg

前神寺大師堂。こちらはごくごく普通のお寺の建物っぽいです。

これで西条市内のお寺は終了。これから第60番の横峰寺へ向かいます。
この横峰寺、石鎚山の中腹、標高750mの位置にあり、遍路ころがしの難所でした。
林道が開通してからは車でも行けるようにはなりましたが
この林道っつーのが、それはそれは酷い道でして(^^;)
冬場は積雪や凍結のため、通行止めになることもあり、難所には違いありません。

前神寺を出て、山道を暫く上っていくと、林道の料金所があり
そこで普通車1850円徴収されます。お寺の駐車料金も込みの価格だそう。
で、料金所からまたどんどん山道を上っていくのですが
その道がひどいのなんのって・・・。今までで一番ひどい道だったように思います。

離合はもちろんできんわ、舗装してない区間はあるわ、断崖絶壁だわ
坂は急だわ、カーブはきついわ、標識は解りにくいわ・・・。
ぶっちゃけ、ナビ通りに走ってたのに
行き止まり(つか、工事車両専用道路だった)で引き返したくらい。
なんていうか、1850円も取るんやったら、もっともらしい道にせいよ!
と、怒りが込み上げてくる始末。

これ、セレナだったら四駆だったから、もっとラクラク上っていけたんだろうけど
アルファードは四駆じゃない上に図体でかくて重いから、坂道はしんどいね。
すっごい急坂で後ろタイヤ空回りしてキュルキュルいうし(´Д`;)
もし次お遍路する事があっても、もうここを自力で車で上がる事はないね。
麓から出てる参拝専用のバスを使うよ。少々高くても、絶対バスだわ。

てなわけで、前神寺を出て走る事一時間。ようやく横峰寺に到着。
駐車場に車を停めて、徒歩で10分程歩いて境内へ。
f0008935_23285838.jpg

おとっつぁん、鐘突きます。ゴ~ン!
f0008935_2330745.jpg

横峰寺本堂。建物は権現造りで、神仏混淆の名残を感じさせます。
f0008935_23315942.jpg

その本堂のはす向かいにある大師堂。
本堂のそばに階段があり、その階段を下りたところが納経所。
その納経所の奥に山門があったらしいのですが
駐車場に車を停めて歩いてくると全然方角が反対なので、山門見れんかった。
ちなみに探せば良かったという後悔はしていない(´-ω-`)
f0008935_23354875.jpg

駐車場から見える西条の街並み。てか、下界と違ってめっちゃ寒い(>_<)
さっさと下りる事にします。

上りも大変だけど、下りももっと大変。
こんな大変&怖い思いするくらいなら、歩いて上がった方がマシちゃうか?
って思うくらい。・・・まぁ、絶対歩いては上がりませんけど('A`)

てなわけで西条編もおしまい!
愛媛のお寺は残すところ、65番の三角寺だけとなりました。
次回はいよいよ、涅槃の道場、我が故郷香川県に突入です!
やっと終わりが見えてきたかな~という感じ。

11月の連休に、まんのう泊で香川のお寺を回ってやろうと思っていたのですが
寒いし、予約なんて楽勝~と思っていたら、11月1日の時点ですでにいっぱい。
その後もサイトを確認していたのですが、キャンセルも出ないようで
当日突撃ってのもアレなんで、まんのうキャンプは諦めました(^^;)

実家にでも突撃しようかしらん?と考え中のお竹なのでした(´∀`;)アハハ
本日の最後は、秋の味覚を満喫する太郎さんと・・・
f0008935_23484320.jpg

猫達にベッドを占領されながらも爆睡しているおとっつぁんの画像でおしまい!(爆)
f0008935_23505779.jpg

狭いシングルベッドの、さらに隅っこで、それでも爆睡ちう!ヽ(;▽)ノ ギャハハ

※沢山のコメント、本当にありがとうございます。全てありがた~く読ませていただいております。


↑ありがとうございます

[PR]
by nyayu2648 | 2015-11-14 23:51 | 犬連れ遍路 | Comments(2)

お遍路、今治編の続きです(^-^)

第56番泰山寺を出て、10分程度で次の第57番栄福寺に到着~!
f0008935_044289.jpg

f0008935_071446.jpg

栄福寺本堂。
f0008935_081267.jpg

栄福寺大師堂。ちなみにこの栄福寺、住職の白川さんは
この秋公開の映画、『ボクは坊さん。』の原作になったエッセイを書いた方です。
f0008935_01212100.jpg

境内の掲示板にも、このように映画のポスターが貼られておりました。
公開が近くなった頃からポツポツとローカル番組にも出演されておりましたので
この映画の事や住職の事は知ってました。
近々このお寺に参拝しようとは思ってましかたら、随分タイムリーだなと思ってました。
f0008935_0152031.jpg

TVでは住職が納経帳を書いてましたから、もしかして・・・と思いましたけど
やっぱり違う方でした(^^;)

そんなこんなで、次の第58番・仙遊寺へ。こちらも車で10分程度の距離です。
このお寺は高台に位置し、標高300mくらいの場所にあります。
お寺に行く途中の道に山門がありました。
f0008935_0205292.jpg

立派な山門です。歩き遍路の人は、この山門から境内に行けますが
車は別ルートで、山門をやりすごして、まだ少し山道を上って行かないといけません。
f0008935_023720.jpg

仙遊寺本堂。
f0008935_0243235.jpg

仙遊寺大師堂。前で団体のお遍路さんがお経を上げていたので
邪魔をしてはいけないと思い、正面から写真が撮れなかった(^^;)
f0008935_0261642.jpg

駐車場の脇に、大きな子安観音がありました。
f0008935_0312774.jpg

駐車場からは、今治の市街が一望できます。

さて、いよいよ今治最後のお寺、第59番国分寺を目指します。
仙遊寺からは車で20分程の距離です。
f0008935_0342216.jpg

駐車場に車を停めて、階段を上がっていきます。
上がってすぐの場所に手水場があり、その近くには・・・
f0008935_0365597.jpg

握手大師がおられました。おとっつぁん、お大師様と握手w
f0008935_038571.jpg

国分寺本堂。またもや団体さんと遭遇してしまって、こんな画像に(笑)
f0008935_0404175.jpg

国分寺大師堂。
こちらの国分寺、建立当時は七重の塔がそびえたつ大寺院だったそうですが
度重なる戦災に見舞われ、江戸中期には『茅葺きの小堂が寂しく立つのみ』と
四国遍路霊場記に記されるほど、荒廃していたそうです。

さて、この国分寺を参拝した時点でまだ午後4時過ぎで
帰りは高速を使う予定だったので
小松IC近くの第61番・香園寺に行けるかな~と思っていたのですが
日曜日と言う事もあり、道中激混みで、結局そのまま帰路につきました。

今治市内のお寺は、比較的近くに密集しておりますので、参拝しやすかったです。
ただ、6つ全てのお寺で駐車料金を取られたのはさすがというかなんというかwww

この記事を書いているのが11月2日の深夜(UPする頃には日付変わってるなw)ですが
前日の11月1日に、西条方面のお寺にも行ってきましたので
引き続き、お遍路道中記をお送りする予定です。

本日も最後に、たまこさん他、お猫様の画像を・・・(笑)
f0008935_0535630.jpg

猫だらけ(^^;) これでまだ全部じゃないってのが、まぁなんとも(^ω^;)

※沢山のコメント、本当にありがとうございます。全てありがた~く読ませていただいております。


↑ありがとうございます

[PR]
by nyayu2648 | 2015-11-03 00:54 | 犬連れ遍路

10月9日に我が家にやってきた新入りの『たまこ』さん(^-^)
無事に血液検査なども終わり、1回目のワクチンぷちゅんと打ってきました。
毎日毎日、3兄妹と遊びまくって、とっても元気です\(^▽^)/
たまこさんの様子などは、また追々UPしようと思ってます・・・思ってるだけw

さて、10月25日の日曜日、9回目のお遍路に行ってまいりました。
今回は今治編。今治周辺の6か所のお寺を参拝してきました。
できれば今年中にお遍路を終わらせたいと考えているのですが
去年も『今年中に・・・』などとのたまっておりましたので(笑)
どうなることやら(^^;)

25日は、午前中に部落の川掃除がありましたので、お昼ごろの出発になりました。
今治ですので、高速を使わず、旧北条市方面から海沿いのルートを使いました。
1時間半くらいで到着。第54番・延命寺です。
f0008935_22595962.jpg

延命寺の最初の山門。駐車場はこの山門の奥にあるので
車を停めてから、ここまで下りて来て撮影。
f0008935_2311174.jpg

延命寺の2つめの山門。この山門、元々は今治城にあったものを移築したそうで・・・
f0008935_2323379.jpg

このような但し書きがありました。
ちなみに今治城、かの藤堂高寅が築城した名城で日本三大水城の一つです。

ちなみに、現在延命寺は、本堂の屋根を修復中でしたので・・・
f0008935_2381228.jpg

f0008935_2382180.jpg

御本尊がこのように、別の場所に安置されております。
大師堂は、本堂横の階段を上がった場所にあります。
f0008935_231183.jpg

f0008935_2311169.jpg

無事にお参りをすませて、次の55番・南光坊を目指します。
延命寺から南光坊までは、車で10分程の距離です。
f0008935_2315377.jpg

南光坊の山門。めちゃくちゃ立派です!これは表側で・・・
f0008935_23161881.jpg

裏側もこの通り!全部で4体の仁王像が鎮座しております。
この仁王像、それぞれ持国天、増長天、広目天、多聞天となっており
いわゆる四天王ですね。このような形の山門は、88か所でもここだけだそうです。
f0008935_23213740.jpg

南光坊本堂。
f0008935_23222592.jpg

南光坊、大師堂。
ちなみにこの南光坊、今治沖の大三島にある、大山祇神社の別当寺で
お寺の敷地のお隣には、大山祇神社の分院(?)がありました。
f0008935_23262144.jpg

f0008935_23262958.jpg

こちらも参拝。神社なので、ちゃーんと柏手パンパン打ってきましたよ(笑)

ではサクサク行きましょう!次は56番・泰山寺。南光坊からは車で15分程です。
f0008935_23294422.jpg

お寺の前の道を挟んだ向かいが、広い駐車場になっております。
ちなみに普通車200円。今治のお寺は、全てのお寺で駐車料金を徴収してます。
・・・さすが月賦発祥の地、今治!ちゃっかりしとりまんな ヽ(;▽)ノ ギャハハ
f0008935_2332401.jpg

泰山寺本堂。
f0008935_23335367.jpg

泰山寺大師堂。

この泰山寺。読みはそのまんま『たいさんじ』ですが
第52番の太山寺も、『たいさんじ』です(^^;)
このように、お遍路をしていると、読みが同じで寺が違うってお寺に遭遇します。

今日最初にお参りした延命寺(えんめいじ)ですが
前回、最後に参拝した、松山市内の圓明寺と、字も読みも全く同じ
圓明寺だったそうです。53番圓明寺、54番も圓明寺・・・。

で、これではさすがに間違えられやすいということで
明治時代に『延命寺』と改名されたそうです(^-^)

この後3か寺お参りしたのですが
画像が多くなりましたので、今回はここまで、続きはまた後日・・・。
最後にたまこさんの画像など・・・(笑)
f0008935_23433171.jpg


※沢山のコメント、本当にありがとうございます。全てありがた~く読ませていただいております。


↑ありがとうございます

[PR]
by nyayu2648 | 2015-10-31 23:43 | 犬連れ遍路

松山市内にある第51番・石手寺を参拝したのが去年の11月末。
松山市内にはあと2寺残っていたのですが
『近所やけん、いつでも行けらい♪』と思っていたのに、早10ヶ月が経過w

私がお遍路に行こうと思っているとおとっつぁんがゴルフに行きやがるし
おとっつぁんがお遍路でも行くか~と思った時は私の気分が乗らなかったり(^^;)

このままでは2015年は、一度もお遍路せずに終わってしまう!と危機感を抱き(ウソ)
9月26日の日曜日に、松山市内の二か所のお寺を参拝してきました。

丁度シルバーウイークにキャンプに行ったこともあり
車も太郎さん仕様になっていたので、近場ですが太郎も一緒に行ってきましたよ!
一応、犬連れ遍路と銘打っておりますんですね(´∀`;)アハハ

第52番・太山寺は、我が家から車で30~40分くらいのところにあります。
f0008935_22182239.jpg

太山寺仁王門。鎌倉時代の建築物で、国の重要文化財に指定されています。
f0008935_2221647.jpg

f0008935_22211697.jpg

f0008935_22212668.jpg

仁王像も、かなりの年代物だというのを感じさせる風格です。
f0008935_2224126.jpg

先ほどの仁王門から、少し坂を上ったところにある駐車場です。
奥にトイレもあります。
我が家は一旦ここに車を停めて、仁王門まで歩いて下って行きました。
この駐車場よりもっと本堂に近いところにも駐車場があるのですが
途中の道がめちゃくちゃ狭いのと、坂もかなり急なので
でかい車で行くのはあまりお勧めできません(^^;)
f0008935_2229017.jpg

えっちらおっちらと坂を上って、ようやく本堂の下の手水場までやって来ました。
手を洗い、口をゆすいで、さぁ本堂への階段を上がるよ!
f0008935_22314311.jpg

じゃーん!こんな階段。当然太郎は・・・
f0008935_22331415.jpg

断固拒否(^^;) 仕方ないので、おとっつぁんと交代で参拝することに・・・。
f0008935_22372096.jpg

太山寺の本堂。大きな建物です。真言密教では最大規模の建物で、国宝です。
f0008935_22395164.jpg

大師堂。ロープがずーっと伸びていますが、その先は・・・
f0008935_22421153.jpg

本堂の前にある、摩尼車まで伸びておりました。
摩尼車の上の丸い部分を回転させるとお経を唱えたのと同じ功徳があるんだとか。
f0008935_22454185.jpg

鐘楼堂。今回は鐘はついておりません。
f0008935_22472796.jpg

88か所のお寺ではお馴染みの大師像。このお大師様はちょっとお若い(笑)

この後、太郎のお守をおとっつぁんと交代して、無事参拝終了。
つか、お守の場所、手水場が近くにあるためか、めちゃくちゃ蚊がおりました(´・ω・`)
何箇所か食われちまったよ。・゚・(ノД`)・゚・。 痒い・・・。

てなわけで納経所へ向かいます。納経所は、我家が車を停めた下の駐車場の近くなので
またえっちらおっちら、坂を下りて行きます。
f0008935_22501414.jpg

太郎さん、途中で何回休憩したやら(^^;)
この日は暑かったし、久々の山道だったので、タロさんもちょっとキツかったかな?
f0008935_22515994.jpg

納経所です。かなり立派(笑) 恐らく敷地内には御住職の自宅もあるのかな?
本堂の近辺に(階段上った先ね)手水場跡や納経所の跡もあったのですが
何故か今は手水場は階段の下、納経所もこんな離れたところになっています。
本堂下の駐車場に停めた人は、ここまで車で下りてきて納経って事になるんかな?

そんなわけで、太山寺の参拝も終わり、次の第53番・圓明寺を目指します。
太山寺からは車で5、6分てとこです。近っ(笑)
太郎さんは今回は車の中で待機してもらいました。
f0008935_2258724.jpg

駐車場の前の道を挟んだすぐ向かいにある山門。
f0008935_22594172.jpg

山門をくぐってすぐのところ、境内の真ん中に中門があります。
f0008935_2321570.jpg

圓明寺本堂。ちなみに、この本堂の厨子に、銅版の納札が打ちつけてあり
江戸時代の初期のもので、当時は木製が一般的だったので、大変珍しいものだとか。
大正13年に、シカゴ大学の博士が発見したんだそうです。へぇ~

あと、ここの本堂にはもう一つ、かの『左甚五郎』作と伝わる龍の彫刻もあります。
f0008935_2392818.jpg

本堂の中にレンズを向けるのは憚られたので、松山市観光HPから拝借。
全長4mあり、実物は本当、すごいですよ!機会があれば是非ご覧くださいませませ。
f0008935_23115190.jpg

圓明寺・大師堂。

この圓明寺、四国霊場最古の銅製の納札や、左甚五郎の龍などの他にも
『キリシタン灯篭』なるものもありまして。
f0008935_23141695.jpg

隠れキリシタンが密かに礼拝していたんでしょうねぇ・・・。

そんなこんなで、松山市内のお寺、2年がかりで参拝し終わりました(爆)
『近所だからいつでも行ける~!』という気軽さが、実は罠だという罠・・・(´-ω-`)
次のお寺は今治市にあるのですが、さて、今年中に行けるんかしらねぇ(^^;)

※沢山のコメント、本当にありがとうございます。全てありがた~く読ませていただいております。


↑ありがとうございます

[PR]
by nyayu2648 | 2015-10-03 23:20 | 犬連れ遍路 | Comments(0)

今回の更新で、やっとリアル遍路に追い付く事ができます(笑)
もう3月に入ったというのに、今年はまだお遍路に行っておりません(^^;)
近場の愛媛が続くので、いつでも行けるという安心感・・・というか
ただ単に出不精なだけなような気もしますが・・・(´-ω-`)

。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

第50番の繁多寺を出る頃にはすでに午後4時を回っていましたが
納経所が閉まる午後5時までには、なんとか行けそうだったので、急ぎ出発。
石手寺の駐車場に車を入れた時には4時半近くになっていました。

この石手寺、なかなか大きく、境内も広くて、県内でも有名なお寺でして
私も過去に何度か訪れた事があります(一度目は猫を拾いに来たが不発だったw)
県内のニュースで、何かしらの行事の度に、何度となくTVで目にしますし
道後温泉にほど近い立地条件もあって、観光客も多いです。
f0008935_2373815.jpg

石手寺の山門(仁王門)。鎌倉時代に建てられたもので、国宝指定です。
f0008935_2402849.jpg

阿弥陀堂。おとっつぁんが参拝しております。
実は、この阿弥陀堂、大師堂と間違えて最初にお参りしたんですよね。

正確に言うと、間違えたんじゃくて、生粋の愛媛人のおとっつぁんが
『ここが大師堂じゃ!ワシは何回も来とるけん、知っとんよ( ̄ー ̄)フフフ』
って言いながら、1人でさっさとお参りしたんですが
私的には、案内坊主の看板もないし、なんか変だなとは思っていたんですよね。
でも、私が『え~?ここなんか違うことない?』と言っても
『ここじゃ!間違いない!』などと、一昔前の芸人の決めゼリフを吐くので
一応、私もお参りはしたんですがね・・・。
f0008935_2461169.jpg

奥に見えるのが石手寺の本堂。この角度から撮影したのが精いっぱい(笑)
で、この本堂をお参りした後、おとっつぁんはさっさと納経所へ行ってしまったのですが
本堂の隣にもお堂があったので、なんだろうと思って見に行くと
お堂の前に『大師堂』と書かれた小坊主君が・・・(´-ω-`)

急いでお参りし、納経所に並んでるおとっつぁんのところへ行って
『やっぱりさっきのは大師堂ちゃうで!大師堂は本堂の隣やで!』
と言うとおとっつぁん『えっ?何で?』って、何でか知るか!ヽ(`Д´)ノ ウワァァン!!
f0008935_253023.jpg

てなわけで、こちらが本当の大師堂。
今回のお遍路の時に、『ワシは石手寺はもうなんべんも行っとるけんのぅ(`▽´)ウケケ』
と豪語しまくってた割には・・・何しに来てたんだか(-_-;)

余談ですが、この石手寺。
愛媛の人はこの石手寺が大好きな人が多いようなのですが
(初詣はもちろん、何かというと石手寺に参拝する人が身内も含めて周囲に多いので)
私的にはどうもこのお寺は・・・所謂『トンデモ寺』という印象しか・・・(笑)

まず一つ目の理由が、ここは猫が多いお寺なんですが
以前(十年以上前)、どこの何で見たのかははっきり覚えてないのですが
”お寺に猫を捨てても、最終的には保健所に引き取ってもらうからな!”
的な内容の張り紙をしているのを見たことがありまして・・・。

捨て猫に困っているというのは、充分理解できるんですが
お寺という場所柄、保健所云々と言ってのけるのはさすがにどうかと思った次第です。
まぁ、捨てる人がいるというのが一番問題なんですがね(`´)

二つ目の理由が、山門の画像にもちらっと『集団的自衛権』の文字が見えてますが
やたらと『反戦』やら『平和』やらの筆文字を、畳くらいの大きさにでかでかと書いたものが
境内のあちらこちらに掲げてあって、ちょっと異様な雰囲気があります。

反戦や平和を願う事は、人類共通の願いではあるのですが
こちらの場合、ちょっと政治的な匂いというか、左巻き風味な印象が強すぎて
お寺として、そういう思想をでかでかとあちこちに掲げるのはいかがなものかと・・・。

三つ目の理由は・・・まぁなんというか、普通に『トンデモ寺』です(爆)
興味のある方、暇な方は
『石手寺 地底マントラ』 『石手寺 珍寺』 『石手寺 珍スポット』 『石手寺 ディープ』
などで検索してみてくださいw

そんなこんなで、帰りに石手寺名物のやきもちをゲット(^-^)
f0008935_3204058.jpg

f0008935_3214542.jpg

まだ温かいうちにと、車の中で食べました(^◇^)
私は初めて食べたのですが、米粉でできた薄いお餅の中に甘い餡が入っていて
表面が、パリっというかサクッと言うか、歯に心地よい焼き具合です。
おいしゅうございましたm(_ _)m

そんなこんなで、無事に石手寺の参拝を終え、帰路につきました。
次の52番札所の太山寺も、同じ松山市内ではあるのですが
石手寺からだと40分程かかりますので、今回は51番で終了です(^-^)

ということで、やっと参拝済みのお寺の更新終わりました(笑)
やっぱり、なるべく早めに更新しないと、色々忘れちゃってますね(´・ω・`)
次回からはもっと早めに・・・と、毎回思っているのは気のせいかしらん?(笑)

その次回のお遍路はいつになるのやら・・・(´∀`;)アハハ

※沢山のコメント、本当にありがとうございます。全てありがた~く読ませていただいております。


↑ありがとうございます

[PR]
by nyayu2648 | 2015-03-07 23:59 | 犬連れ遍路 | Comments(2)

前回の松山市内編を更新した時に書き忘れたのですが
カテゴリで『犬連れ遍路』と銘打っているんですけど
今回の松山市内編では、半日の日帰りだったので太郎さんは留守番ですたw
なので、松山市内編ではタロさん出てきません(^^;)

タロさんファンの方々には深くお詫び申し上げますm(_ _)m
タロさんをもっと出せ~!!とのお叱り要望が多方面からありましたので(笑)
次回、遍路に出た時は、タロさん画像沢山用意できるよう頑張ります(`・ω・´)

。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

八坂寺の猫さんに後ろ髪を引かれつつ、次の札所、第48番・西林寺へ。
八坂寺からは車で10分程度の距離です。
f0008935_22532797.jpg

西林寺山門。
f0008935_22551161.jpg

西林寺本堂。
f0008935_225642100.jpg

西林寺大師堂。
この西林寺、以前派遣でゴルフ場のウエイトレスをしていた頃
毎回このお寺の前を通って通勤していたのですが、中に入るのは初めてでした。

続いて、第49番・浄土寺へ。西林寺からは車で5分程です。
西林寺は前述の通り、よく知っていたのですが
浄土寺は初めて。場所もよく解りません。ナビを頼りに走ります。

到着した場所は、細っそい道の突き当たりにありました(^^;)
場所解ってたら、奥まで車入れずに、手前の幹線道路の駐車場に停めたのに(笑)
お寺のすぐ前の駐車場に停めるのに、めっちゃ苦労しました。何せ狭い(>_<)
f0008935_2322265.jpg

浄土寺山門。道の狭いの、少しは伝わるかなぁ(^^;)
f0008935_2351285.jpg

浄土寺本堂。
f0008935_2382717.jpg

浄土寺大師堂。

この浄土寺の本堂にある厨子には、室町時代から江戸時代にかけて書かれたと思われる
当時のお遍路さんの落書きが残っているそうです。見れなかったけどw
またその他にも、口から念仏で有名な、空也上人像も安置されているそうで・・・。
f0008935_2311050.jpg

本物はもちろん見れなかったので、松山市のHPから画像拝借。
空也上人自ら掘ったものとされています。

この像、歴史の教科書なんかで見たことがある人もおるかと思われますが
京都の六波羅蜜寺にも同じものがありますので・・・
f0008935_23163469.jpg

どちらが教科書で見たものかはわかりません(^^;)

そんなこんなで、次のお寺、第50番・繁多寺へ。
この繁多寺も、愛媛に来て15年以上経ちますが、知らんかった。
愛媛で生まれて育って59年のおとっつぁんも、知らんかった(笑)

浄土寺からはやはり車で5分くらいなのですが
駐車場が狭いので、なかなか車が停められず、かなり待ちました(^^;)
待ってる間にも、後ろから次々車が来るし(´・ω・`)
多分、20分くらい待ったと思います(笑)
f0008935_23252049.jpg

繁多寺山門。
f0008935_232232.jpg

繁多寺本堂。
f0008935_232398.jpg

ここの小坊主君はやけに可愛い(笑)
f0008935_2326916.jpg

繁多寺大師堂。陽がかなり傾きかけていますね。

繁多寺を参拝し終えたところですでに午後4時過ぎでした。
が、次の第51番・石手寺も、行けない距離ではないので
なんとか納経所が閉まる5時までに行かねば!とそそくさと繁多寺を後にしました。

石手寺での様子は次回ということで
石手寺さえ更新すれば、やっとリアル遍路に追い付きます。
頑張って更新します!時期は・・・未定w                 ~続く

※沢山のコメント、本当にありがとうございます。全てありがた~く読ませていただいております。


↑ありがとうございます

[PR]
by nyayu2648 | 2015-03-01 23:29 | 犬連れ遍路

前回更新から早二週間・・・ヾ(--;)ぉぃぉぃ
マッサンのウイスキーばりに熟成が進んでいるお竹ブログでありますw

さて、今回からは松山市内編。
実は、リアルのお遍路も松山市内途中で止まっておりますので
これでやっと、リアル遍路とブログの更新が追いつきそうです(笑)

今年中には高野山に行きたいと思ってはおるのですが
はたしてその目標は達成できるのか?(´Д`;)ウヘァ
ちなみに今年はまだお遍路に行っておりません・・・(爆)

。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

2014年11月24日。三連休の最後の月曜日。
本当は朝からお遍路に行こうと思っていたのですが
グズグズしてるうちに昼過ぎになってしまい、どうしようかとも思ったのですが
松山市内だし、行けるとこまで行ってみようってんで
午後1時も過ぎてから、ノロノロと出発(笑)

11月の初旬に、久万高原町のお寺2件は済ませておいたので
今日は松山市浄瑠璃町にある、第46番・浄瑠璃寺からのスタートです。
自宅からは1時間もかからない距離にあります。

午後2時過ぎに到着。階段を上がり、境内に入ったところの手水場で
亀さんが迎えてくれました。
f0008935_0334346.jpg

f0008935_033538.jpg

とぼけたお顔が愛らしい親子亀です(^^)
f0008935_035914.jpg

浄瑠璃寺本堂。
f0008935_037251.jpg

大師堂。
この浄瑠璃寺、結構な住宅街の中にあるのですが
お寺の一角だけ、木々が生い茂っていて、住宅街にあるとは思えない光景。
住宅街といっても郊外なので、松山でもかなり田舎のほうではありますが(^^;)
f0008935_0391637.jpg

境内にある『もみ大師』。
この他浄瑠璃寺には、色々な種類の『ご利益の石』があります。
時間がある時は探して回るのも楽しいかも(^-^)

さて、我が家はサクサクと次の第47番・八坂寺を目指します。
実は、我が家から浄瑠璃寺に行く時に、この八坂寺を通り過ぎて行ったので
少し戻るように車を走らせます。浄瑠璃寺からは1km、5分もかかりません(笑)

と、八坂寺の境内に入ったとたん、猫発見!!
f0008935_044242.jpg

f0008935_044316.jpg

f0008935_0444188.jpg

みけこさんばりの長毛の、なんとも可愛い三兄弟!(三兄妹?)
後でわかったのですが、納経所の前に『里親さん募集』の張り紙があり
元々四兄弟だったようで、一匹は貰われていき、残った三兄弟のようです。

お寺の方で健康診断やノミの駆虫も済ませており
できれば心やさしい誰かに貰われてくれれば・・・との思いだったようです。
もう本当、まとめて連れて帰りたい衝動にかられましたが
うちにはすでに6匹おりますし、どれか一匹という選択なんてできません。
まとめて三匹連れて帰ったら9匹の大所帯・・・。うむ(´-ω-`)

どうか良い人に貰われておくれと思ったのですが
その後、この猫達が気になってちょっと調べてみたら
どうやら三匹ともそのままお寺に住みついてるらしいです(^^;)
しっかり『寺猫』になっちゃったのね(´∀`;)アハハ
f0008935_0521880.jpg

八坂寺本堂。
f0008935_05348.jpg

八坂寺大師堂。
f0008935_055472.jpg

本堂と大師堂の間にある閻魔堂。
地獄の途と、天国の途があります。とりあえず両方歩いてみた(笑)

参拝も終わり、先ほどの三兄弟をなでまくって、名残惜しく外に出てみると
境内入口の橋の上にも猫が!!
f0008935_057291.jpg

すっごい貫禄・・・(^^;)
マイケルよりもでかくて、全盛期のぺロさんよりは小さいって感じかな?
f0008935_0593920.jpg

f0008935_0595359.jpg

どうやらこの猫もここのお寺に住みついている猫らしく
名前をドラちゃんというそうです(*^▽^*)
いかにも寺猫という感じのその風貌、只者ではないオーラを醸しまくってます(笑)
なんとなく、お大師様の使いの猫のような気がしました。

うーん八坂寺、猫好きのお竹にとってはパラダイスのようなお寺です。
ただ、どうしても連れて帰りたい衝動にかられるので
危険なお寺でもあります(´∀`;)アハハ

なんだかお遍路ブログじゃなくて猫ブログみたいになってしまいましたが
今日は2月22日、猫の日なんで、丁度良かったということで・・・。
f0008935_163682.jpg

最後に、我が家の守り猫になってくれているであろうぺロさんと
現在我が家の御猫様の頂点に君臨しているみけこさんのツーショット。

ぺロさんとみけこさんだけの時は、まだ家の柱も壁も畳も、きれいだったなぁ・・・。
え?今ですか?・・・(´・ω・`)
そのうち我が家の惨状をUPしますよ、ええ(´-ω-`)

さて、八坂寺の猫さん達に別れを告げ、次のお寺、第48番・西林寺を目指しま~す!
 
                                           ~続く

※沢山のコメント、本当にありがとうございます。全てありがた~く読ませていただいております。


↑ありがとうございます

[PR]
by nyayu2648 | 2015-02-22 23:59 | 犬連れ遍路

高知市内のお寺は種間寺で終了。
次はお隣の土佐市にある第35番・清瀧寺(きよたきじ)を目指します。
種間寺からは車で30分ほどの距離にあります。

この清瀧寺、事前にガイドブックで調べたら
めちゃくちゃ細いミカン畑の間の山道の
うねうねとつづら折りになったところを上がっていくらしく
退避所もほとんどない上に、退避所以外の場所では離合は絶対無理。
運転に自信がない人はタクシーを使うのが無難・・・
などと恐ろしい事を沢山書いてあったので(^^;)
運転に自信はあるけど(プッw)車がでかいので、山道は歩くことにしました。

山の麓の高速道路の高架の下に数台の車が停めてあったので
恐らく、ここから徒歩で清瀧寺を目指してるお遍路さんのものと推測。
我が家もそこに車を停めて、いざ山登り。
ガイドでは1km程の距離だと書いてあったのですが・・・。
f0008935_15325543.jpg

てくてくと歩いていると、後ろからどんどん車に追い抜かれます。
『みんな結構車で上がりよるなぁ』なんて話しながらどんどん歩きます。
山道と農道の分岐のところで、大きな乗用車に乗ったご夫婦に
『ここから先は車はダメなんですか?』
と聞かれたので
『いえ、車でも上がれるそうですが、うちは車が大きいのでやめたんです』
というと、そのままブーンと車で上がっていきました。
えっちらおっちら、ミカン畑の間の道を歩いていきます。
f0008935_15374371.jpg

途中、何か商売をされてるような倉庫があり
そこで飼われているらしいワンコが放し飼いなのか、ウロウロしていました(笑)
倉庫の裏がお墓だったので
『あのワンコはきっと墓守に違いないw』
などと話しながら、なおもどんどん上がっていきます。

道はというと、確かに細い。軽四ならまだしも、普通車だと道幅いっぱいです。
徒歩の私たちも、道の脇の草むらに避けないと車が通れないくらい。
途中何度も、下ってくる車との離合に苦労しているところを見かけました。
いやいや、無理してアルちゃんで上がってこなくて良かったよ(^^;)

しかし、ガイドでは1km程の距離・・・とあったのですが
登っても登ってもたどりつきません。
太郎とおとっつぁんはどんどん上がっていき、とうとう姿が見えなくなりました(笑)
頑張って登るお竹さん。山道・階段でおいてけぼりはいつものことヽ(;▽)ノ ギャハハ

登り始めて30分。やっとのことで境内にたどりつきました。
f0008935_15494448.jpg

清瀧寺本堂。
f0008935_15495290.jpg

清瀧寺大師堂。
本堂と大師堂は渡り廊下でつながっています。
f0008935_15514630.jpg

f0008935_1552515.jpg

境内には金刀比羅神社のお社もあり神仏混淆の名残を感じます。
f0008935_17114114.jpg

厄除けのお戒壇めぐりもできます。
薬師如来像の下部がお戒壇になっています。
私が太郎と待ってる間に、おとっつぁんが黙って勝手に一人で行きやがったw
f0008935_15573659.jpg

f0008935_15574764.jpg

境内から見える景色。
矢印のところに車を停めて上がってきたのですが
こうやってみると随分向こうのほうに見えます。・・・よく歩いたなぁ(^^;)

上がったら下りないといけません(笑)
また来た道を、えっちらおっちらおりていきます。

途中、軽四とバンがどうしても離合できなかったようで
上りの車と下りの車が連なって大渋滞しておりました(^^;)
軽四のドライバーは女性で、何度も切り返ししておりましたけど
他の人が指示してくれているのもお構いなしで(笑)
明後日の方向にハンドルを切ったり、5cmくらい動いたと思ったらバックしたり(´-ω-`)

運転に自信がない人はタクシーを使いましょう・・・とガイドブックに書いてあったのが
今さらながら噛みしめられます(´∀`;)アハハ
しんどかったけど、うちは歩いて登って良かったよ(^^;)

上ったのと同じ、30分かかって、やっと車に戻ってきました。
f0008935_16115351.jpg

途中、脇道をプチ探検したりしたので、ちょいとロスしました(笑)
f0008935_1694444.jpg

黄色い丸で囲んであるところが清瀧寺ですので
こうやって見ると頂上にあるわけでもないし、簡単に行けそうだったんですがねぇ。
f0008935_17303871.jpg

帰宅後、上ったルートを確認すると、上の画像のルートだったようです。
距離はおよそ1.4km。
ガイドブックにあった1km程の距離ですっていうのは、分岐あたりからの距離ですね。

今回のお遍路で、一番長い距離を歩き、一番汗だくになりました(笑)
不思議と疲労感は感じませんでしたが、何せ汗だくだくで暑いので
着ていたアンダーシャツ(ヒートテックもどきw)脱ぎました(爆)

さて、いよいよ次の第36番・青龍寺で日帰り遍路高知編終了です。
清瀧寺から青龍寺までは、車で約30分かからないくらいの距離です。

ちなみに、35番は清瀧寺(きよたきじ)、36番は青龍寺(しょうりゅうじ)。
字面では、さんずいが有るか無いかだけの違いですね(笑)

青龍寺に着くと駐車場がいっぱいでした。
青龍寺の次は岩本寺なのですが、青龍寺からだと1時間半くらいかかるので
いったんここで終わりにする人も、結構多いのかもしれません。

ちなみに青龍寺はペット禁止です。
てか、さっき清瀧寺ですごい山道登ってきたばかりなのに
ここもまたすんごい階段を上らなきゃ本堂にたどりつけない。
一難去ってまた一難。・・・修行ですな(笑)
f0008935_16295887.jpg

さぁ、頑張って上がるよ~!
f0008935_16305766.jpg

青龍寺山門。まだまだこれからです。階段はずっと山門の奥まで続いてます。
f0008935_16341574.jpg

あぁ~、やっと本堂の屋根が見えてきたよ・・・(´Д`;)

ってことで到着~!
f0008935_16375637.jpg

青龍寺本堂。
f0008935_16395649.jpg

青龍寺大師堂。
f0008935_16414251.jpg

波切不動明王。青龍寺の御本尊でもあり、海の安全祈願にご利益があります。

ちなみにこの青龍寺。近くに、高校野球の強豪・明徳義塾があるのですが
元横綱の朝青竜が明徳義塾の出身で
母校に近いこちらのお寺にちなんで四股名をつけたんだとか。

さて、参拝も無事に終わり、また階段を下りていきます。
青龍寺の納経所は、麓に近い、山門を出て少し下ったところです。
f0008935_16485061.jpg

上から見ると奥に山門とか見えて、簡単に上がってこれそうだけど
実際上がるとなるとこれがなかなか・・・(^^;)
f0008935_1653837.jpg

階段の途中にある慈母観音。奥には不動明王像。
水が流れ落ちているところが行場。滝に打たれて修行するところです(笑)
f0008935_16554999.jpg

駐車場から見える、赤い三重塔が目をひきます。
この青龍寺参拝で、やっと高知県の札所全て周り終えました。
時間はちょうど午後二時。
ご飯でも食べて帰りましょう!目指すは南国ICの近くの変なレストラン(笑)

変なレストラン、『ゆず庵』。名前は普通ですが、色々変なんです(笑)
でも、食事はとっても美味しいんですよ!
おとっつぁんと来るのは2回目かな?
f0008935_16595176.jpg

かつおの塩たたき。
f0008935_1704090.jpg

私の注文した、土佐ジローの唐揚げとオムライスのセット。
f0008935_1724269.jpg

おとっつぁんはくじらカツとオムライスセット。
オムライスに使われている鶏肉は、もちろん土佐ジローです。
沢山歩いて、沢山階段も登ってお腹空いていたので、美味しかったです。

長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。
今回が今までで一番画像が多かったです。
なので、この記事書くのにも1時間以上かかりました(爆)

てなわけで、やっと高知編終了!次回からは、途中になっている愛媛編!
松山市内の、第46番浄瑠璃寺からのスタートです。

更新時期はもちろん未定!!ヽ(;▽)ノ ギャハハ

※沢山のコメント、本当にありがとうございます。全てありがた~く読ませていただいております。


↑ありがとうございます

[PR]
by nyayu2648 | 2015-02-08 17:14 | 犬連れ遍路 | Comments(6)