ブログトップ

お竹さんは心配症

カテゴリ:犬連れ遍路( 40 )

遠出した時は基本、私の運転なのですが
今回は四国内ってことで、運転はおとっつぁん(笑)
道の駅窪川から、第37番・岩本寺 までは、車で10分程の距離です。

てなわけで岩本寺に到着。
f0008935_11242479.jpg

f0008935_11264510.jpg

岩本寺の山門。
f0008935_11285286.jpg

本堂。
f0008935_11293171.jpg

本堂の内部。
こちらの本堂の天井には、昭和53年に新築した際に全国から集めたという
575枚の天井画があるのですが・・・天井見るの忘れてたよ(´・ω・`)

f0008935_1132472.jpg

岩本寺大師堂。
f0008935_1135162.jpg

納経所。
今年は四国八十八か所霊場・開創1200年ということで
いつもいただける白い御影の他に、赤い御影もいただけます(^-^)
f0008935_11445215.jpg

左側がいつもいただける白い御影。右側の赤いのが記念の御影。
ちなみにこの赤い御影、来年の5月末までいただけるそうです(^-^)

御影を見ておわかりかと思いますが(赤い方は梵字で5つ書かれています)
こちらのお寺は88か所で唯一、御本尊が5体もあるお寺です。
元々それぞれ五つのお寺にあったものを岩本寺に集めた為だそうです。

そんなこんなで無事に岩本寺の参拝を終え、次の第38番金剛福寺を目指します。
この、岩本寺から金剛福寺までが、88か所の中でも最も距離が長く
約100kmの距離があります。車で行っても二時間、徒歩だと30時間はかかるそうで
高知が修行の道場といわれるのが納得です(^^;)
f0008935_12124793.jpg

午前10時前に岩本寺を出発。
あまり景色の変わらない、海岸沿いの道(国道「56号)をひたすら足摺岬へ。

途中、コーヒーが飲みたくなってコンビニに寄ったのですが
そこの店長さんに、『これ、お接待です(^^)』と言ってお茶を一本いただきました!

白衣を着ていたのでお遍路中だなという事は明白なのですが
我が家は車でラクチンお遍路をしているのに、なんだか申し訳なく思いましたが
お接待は断ってはいけないらしいので、ありがたく頂戴いたしましたm(_ _)m
スリーエフの店長さん、ありがとうございました!

                                           ~続く

※沢山のコメント、本当にありがとうございます。全てありがた~く読ませていただいております。


↑ありがとうございます

[PR]
by nyayu2648 | 2014-11-08 11:59 | 犬連れ遍路

ということで、アルちゃんの記念すべき一発目の旅はお遍路と言う事になり
なんとか今年もお遍路に行く事ができました。
前回のお遍路 から一年経ってるよ(´・ω・`)

『次は日帰りで行けるから・・・』と安易に考えていた高知市内のお寺をすっとばし
いきなり足摺岬まで行く事になりました(^^;)
『いつでも行ける・・・』と思う距離には、なかなか足が伸びないもんですね(笑)

そんなわけで、11月1日の午後10時過ぎに自宅を出発。
目指すは高知県四万十市にある、『道の駅 あぐり窪川』です。
ここで朝まで寝て、朝から参拝しようという魂胆。

我が家から高知県に行く場合、高速道路を使うというルートももちろんあるのですが
高速を使うと、一旦愛媛県の東端まで移動して、そこから高知市内に南下、
その後は高知の西側を目指すという、極端に遠回りなルートになるため
国道33号線を使った山越えのルートを採用することにしました。
f0008935_23451075.jpg

↑ が今回利用したルートです。細かいズレはありますが、概ねこんな感じ(笑)
ちなみに、夜中なので、高速使うのも下道走るのも、時間はさほど変わりません。
何千円も払って30分程度しか変わらんのは馬鹿らしいですけんね。

土曜日は前回ブログを更新した日なんですが、昼間は土砂降りでした。
土砂降りの中、アルちゃんの正面写真撮りましたから(笑)
まぁ、私が動くと雨が降るので、これもいたしかたないと思っていたのですが
出かける頃には雨がやんでおりました\(^▽^)/

しかし、国道33号を久万高原に入ると、もっそいガスっとる(´-ω-`)
しかもこの濃霧の中、後ろから来る車はびゅんびゅん飛ばしまくってるし・・・
普段から走り慣れてる道なんだろうけど、危ないっしょ。
追いついた車はことごとく端によけて抜かしてあげましたけど
ぶっちゃけ、5台もおらんかったくらいかな(笑)・・・皆高速使うんやろなぁ。

そんなこんなで3時間ほどであぐり窪川に到着。
道の駅の前がコンビニだったので、そこでエビスを一本購入し
ぐびぐびっと飲んで即爆睡しまた(笑)

翌朝~♪
f0008935_23584088.jpg

良い天気とまではいきませんが、雨は降っておりません。
f0008935_00162.jpg

結構大きめの道の駅で、車中泊組の方も何組かおられた模様です。
f0008935_024630.jpg

朝8時過ぎでしたが産直市場はすでにやっていて、地元の人が野菜を持ってきたり
それを買いに来たりする人で朝からにぎやかでした。
他にパン屋さんやレストランもありますが、まだ営業はしていませんでした。
f0008935_053426.jpg

夜中に太郎さんに起こされる事もなかったので、大人しく寝ていた模様です(笑)
車が若干広くなったので、足を伸ばして寝ても荷物に当たる事もなく
人間もぐっすり眠る事ができました(^-^)

持参したおにぎりとバナナで腹ごしらえをして
最初のお寺、第37番札所、岩本寺へ向かいます!
                                         ~続く~



※沢山のコメント、本当にありがとうございます。全てありがた~く読ませていただいております。


↑ありがとうございます

[PR]
by nyayu2648 | 2014-11-06 23:59 | 犬連れ遍路

やっと今回で、秋遍路徳島~高知編が終われそうです(笑)
4か月かかっちゃったよ(^^;)

毎回同じこと言ってますが、もう画像を見ても色々思い出せないので
サックリと書いていくことにしますm(_ _)m

。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

いつもならキャンプ場でゆっくりと朝食を食べた後に、やおら出かけるお竹一家ですが
明け方4時ころ、強風に煽られるタープをとっとと撤収してしまったので
さっさとキャンプ場を後にし、本日一発目の神峯寺(こうのみねじ)を目指します。

かの岩崎弥太郎の母親が、息子の出世を祈願して
20km離れた自宅から、21日間参拝したという逸話があるそうで・・・。
その後の三菱財閥の繁栄を見るに、かな~りご利益あったみたいですね(笑)

ここも結構な九十九折の道ををうねうねと登って行くのですが
キャンプ場であらかじめナビをセットしておいたので
運転はおとっつぁんに任せて、私は後ろでグーグー寝ておりました(笑)

『着いたぞ~!』と半ば無理やり起こされたので、寝起きの悪いお竹さん
『パスしてええかいな・・・』と寝ぼけ眼で返答したんですが
ここまで来てここだけパスって訳にもいかんので、眠い目をこすりつつ境内に向かいます。
f0008935_23365335.jpg

この山門をくぐると水子地蔵があり、その脇の階段をえっちらおっちら登っていきます。
お地蔵さんの傍から、土佐の名水にも指定されている石清水が湧き出ています。
f0008935_23472747.jpg

f0008935_23393255.jpg

神峯寺の本堂。かなり見切れてますが(´∀`;)アハハ
公式HPを見ても、この角度の画像なので、多分足元の関係で
この角度からしか撮影できなかったんだと思います・・・多分・・・(´-ω-`)
f0008935_23411789.jpg

大師堂にも無事にお参りをして、また急な階段を下りて納経所へ向かいます。
f0008935_2344256.jpg

階段の両脇に植え込みがあって、綺麗に手入れされていました(^^)

無事に参拝を済ませて駐車場に向かう頃には、ぽつぽつと雨が降ってきました。
まぁ、数日かけてどこかへ出かけても、必ず一日は雨が降るのはお約束(´-ω-`)
台風も近付いていましたが、決して私が呼んだ訳ではありませんので(爆)

と、駐車場から出ようとすると、一人のお遍路さんが傘を脱ぎながら近づいてきます。
『???』と思って見ていたら、おとっつぁんが、『あっ!』と言いながら
そのお遍路さんの元に駆け寄り、何やら暫くおしゃべりした後、車に戻ってきました。

聞くと、昨夜お風呂(シレストむろと)で出会った、春日井からの歩き遍路の方とのこと。
本当に歩いてこの山道を登ってきたんだ~と思いましたね。
私なら、山道+雨ってことで、『もうここは車で行っちゃえ!』って思いそうですが。

今思えば、納め札の一枚でも渡しておけばよかったと後悔しています。
納め札には住所と名前が書かれてあるので、愛媛のお寺を回ってる途中にでも
我が家でお接待させていただけたのになと思いました。

この春日井からのお遍路さん、実は一日目に太龍寺でも一緒になってるんです。
っていうのが、この方が私のお世話になった知人にそっくりでして(笑)
『え?もしかして・・・?』って思って顔をよく見たら、他人のそら似だったのですが
あまりにもよく似ていたので、なんとなく覚えてたんですよね。
まさかその方が、前日おとっつぁんから聞いた人と同じとは思いませんでした。
お遍路をしていると、大なり小なり、何かしら不思議な事が起こります。

そんなこんなで、次の目的地、大日寺へ向かって車を走らせます。
朝ごはんを食べていないので、途中コンビニに寄って
サンドイッチやおにぎりで簡単に朝食を済ませました。

神峯寺から1時間ほどで大日寺に到着・・・。
f0008935_065669.jpg

大日寺山門。
f0008935_012312.jpg

f0008935_0143140.jpg

こちらの大日寺の敷地内に薬師堂があり、その脇から
高知の名水40選に選ばれた『大師御加持水』がこんこんとわき出ています。
f0008935_0173363.jpg

お賽銭を入れて、手持ちのペットボトルに1本分、お水をいただいて帰りました(^^)

この大日寺の少し先に龍河洞という鍾乳洞があり
鍾乳洞大好きなお竹さんは、もうすでに何度か訪れています。
この日も寄りたいなぁとは思ったのですが
台風も近付いてるし、太郎もいるしって事で、今回は諦めて次を目指します。

鍾乳洞に行くと落ち着くのよね~(´▽`)
もしかして、前世は地底人だったのかしらん?ヽ(;▽)ノ ギャハハ

というわけで、今回最後のお寺、29番国分寺を目指します。
ここのお寺のすぐ近くに南国ICがあるので、ルート的にもここを最後にしました。
時間はあったので、あといくつか回れたとは思うのですが
台風も近付いてるし、ぺロさんを実家に預けている関係もあったので・・・。
f0008935_0262150.jpg

国分寺仁王門。仁王像はもちろん、国の文化財に指定されています。
こちらのお寺で、お遍路を始めてから、初めてのお接待を受けました(^◇^)

地元の女性が、ドーナツやらお茶やらを境内でふるまっており
うちは車だし、なんちゃってお遍路だから遠慮しようと思っていたのですが
『残りわずかですし、もう仕舞いの時間なので、どうぞもらってください(^^)』
と言われたので、ありがたーく頂戴しました。美味しかったな~(^▽^)
f0008935_0302415.jpg

国分寺の本堂ですが、ご覧の通り、改修工事が行われていました。
長宗我部元親が再建した歴史のあるお寺で、こけら葺きの屋根が特徴なのですが
残念ながら、全体像を見ることはできませんでした(T-T)
f0008935_037962.jpg

改修中の本堂の脇に、ちんまりと大師堂がありました(^^)
そして敷地内には他にも・・・
f0008935_0384016.jpg

『酒断(さけだち)地蔵尊』なるものもありました。う~む、さすが高知県というか(笑)
ちなみに私はまだ酒断ちするつもりは毛頭ございませんヽ(;▽)ノ ギャハハ

この後、道の駅「南国風良里」でお土産などぷらぷら見て回り
南国ICから高速に乗り、一旦実家にぺロさんを迎えに行き
けっこうな雨の中、帰路につきました。

。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

やっと2013年秋遍路を書き終える事ができましたですよ(笑)
お遍路から帰ってきて、ずっと更新しなきゃと思っていたので二年越し(爆)

今年はまだお遍路に出かけてないのですが
さて、2014年はどこまでいけるのでしょうか?
ま、今年中に終わるなんてことは、恐らくないと思いますけどね~(笑)

一応、今回でお遍路第三弾終わりってことで、コメント欄解放しておきます。
お返事が遅ーくなるかもしれませんが
よろしければ何か書き殴っていただけると喜びます。

・・・『さっさと書けよ馬鹿野郎!』とか『長いこと引っ張りやがってスカポンタン!』
とかいうのは・・・(∩゚д゚)アーアーキコエナイの方向で(笑)

※沢山のコメント、本当にありがとうございます。全てありがた~く読ませていただいております。


↑ありがとうございます

[PR]
by nyayu2648 | 2014-03-02 00:54 | 犬連れ遍路 | Comments(4)

すっかり放置ブログと化しているお竹ブログです(笑)

感染性胃腸炎もすっかりよくなり、元気に仕事に行っております。
が、こちら(ブログ)の方は更新もせず放りっぱなしで(^^;)

お遍路ブログも、書かなきゃ書かなきゃと思いつつ
すでに最後のお遍路から4カ月が経過してしまい
画像を見ても、なんだかよく思い出せないことばかりという有様でして・・・。

しかし、このまますっ飛ばす訳にもいかませんので(´∀`;)
なんとか頑張って終わらせることにします(笑)
かなりの端折り記事になってしまいますが、平にお許しを・・・m(_ _)m

。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

10月14日の朝、まぜのおかオートキャンプ場を出発したお竹一家(猫除く)
国道55号をひた走り、高知県最初の札所、最御崎寺を目指します。
f0008935_230242.jpg

国道沿いに青年大師像が見えたら、もう最御崎寺はすぐそこです。
f0008935_2345097.jpg

f0008935_235129.jpg

ここのお寺から歩いてすぐに、室戸の灯台まで行けます。
f0008935_2363992.jpg

光達距離は約50kmと、日本一遠くまで照らせる灯台です(^^)
f0008935_2310124.jpg

眼下に広がる太平洋~!すごいぜ!水平線だぜ!島がないぜ~!!
いつも瀬戸内のケチな海ばっか見てるので、太平洋見ると毎回妙に興奮します(爆)

そんなこんなで次の25番札所・津照寺へGO!
f0008935_2315590.jpg

f0008935_23151570.jpg

急な上に結構な距離のある階段の先に、竜宮城みたいな鐘楼門兼仁王門があり
さらに階段を上がったところに本堂があります。
f0008935_23193915.jpg

大師堂は、階段を下りたところにあるです。
f0008935_23221448.jpg

大師堂の隣が納経所になってました。

と、ここで実家の母上から電話があり、台風が近づいてきてるから
途中でやめて帰ってきたほうがいいんじゃ?と打診が・・・。
二日ほどTVだのラジオだのと縁遠い生活なので、そんな事になってるとは知らなんだ。
が、地元の人に聞いてみたら、今日、明日はまだ大丈夫って話だったので
続行することに決定!旅先の台風なんて・・・慣れすぎちゃってますから(`;ω;´)モワッ

そんなこんなで、この日最後の札所、26番・金剛頂寺へ。
f0008935_23283955.jpg

なんかさ、高知入りしてから、こんな階段ばっか登ってる気がするのは気のせい?(笑)
f0008935_23312635.jpg

f0008935_23323071.jpg

境内にあった、一粒万倍の釜。
その昔、お大師様が炊いた米が一万倍に増えて、人々を飢えから救ったという伝説が。
f0008935_23353949.jpg

がん封じの椿というものもありました。
こちらのお寺はがん封じのお寺としても有名らしいです(^.^)

と、今日の参拝はここでおしまい。金剛頂時の駐車場で
高知名物のアイスクリンを売っていたので、お買い上げ~
f0008935_23395788.jpg

この後、スーパーで買い出しをして、忘れてきた鍋をホームセンターで購入し
今日の宿泊地の『室戸岬夕陽丘キャンプ場』にチェックイン。
明日は平日って事もあって、チェックイン時には誰もおらんかった(^^;)

管理人さんが言うには、もしかしたらバイクの人が一人来るかもしれんけど
もしその人が来なかったら、おたくだけですよって言われて
結構山奥な上に、海沿いなのに海も見えないほどうっそうとしたキャンプ場で
さすがに我が家だけだと夜ちょっと不気味だなぁと思って不安になりました(><;)

てなこと考えてても仕方ないので、ちゃっちゃと設営してお風呂へGO!
f0008935_23465442.jpg

シレスト室戸という温泉施設で、海洋深層水の温水プールがあるのがウリのようですが
お風呂は普通のお湯でした(笑)露天風呂は海洋深層水使用らしいのですが
9月の台風でドアが壊れてて使用禁止になってました(T-T)

ここのお風呂でおとっつぁんが、愛知県の春日井からのお遍路さんに会ったそうで
車(ハイエース。キャンカーかな?)で寝泊まりしながら回っているのだけど
車で一旦目的地に行き、そこに車を置いて、元の場所まで電車やバスで引き返し
改めて歩きで目的地を目指すという、車なんだけど歩き遍路をされており
なんだか心の底から感激してしまったお竹さんなのでした。

お風呂から帰ると、管理人さんが言ってたバイクの人がチェックインしてました。
よかったよ~、こんな辺鄙にうちだけなんて、めっさ心細いもん(笑)

しかもそのバイクがドカティだよ、ドカティ!イタリアの名車でっせ!すごいなぁ・・・。
ちなみにこのバイカーの方は名古屋からの方で、お遍路ではありませんでした(笑)
f0008935_235767.jpg

で、もちろん我が家のサイトにお誘いしてプチ宴会(笑)
私は途中で眠くなってアウトでしたが、男同士、なんだか盛り上がってました(爆)

で、明け方4時頃、すっごい強風で目が覚めて、外を見てみたらタープが斜めっとる!
太郎がタープのロープを噛みちぎってしまっていたので
いつもより若干ロープの本数が少なめだったのが災いして、今にも吹っ飛びそう(>_<;)

大急ぎで、まだ暗い中、おとっつぁんとタープを撤収して
どうせ今回はもう使わないので、丸めて車に放りこみました。
雨は降ってなかったので、タープも濡れて無かったので良かったよ(^^;)

その後また少し車で寝て、もう撤収してしまっていたので朝飯も食べられないので
バイクのお兄さんに挨拶して、本日最初の札所27番神峯寺を目指したのでした(笑)

※沢山のコメント、本当にありがとうございます。全てありがた~く読ませていただいております。


↑ありがとうございます

[PR]
by nyayu2648 | 2014-02-16 00:06 | 犬連れ遍路

無事に1日目で徳島県の札所を終わらせる事ができました。
今回のお遍路は、2泊3日を予定していたのですが
徳島県最後の薬王寺の次は、室戸岬の突端にある最御崎寺です。

薬王寺から最御崎寺までの距離は80km、車でも2時間くらいかかります。
歩き遍路だと丸二日かかるんだとか…(>_<)

丁度薬王寺から少し室戸に向けて下がったところに
前から気になっていたキャンプ場があったので、ここはすぐに決められました。
まぜのおかオートキャンプ場 です。
薬王寺からは、車で約30分程度の距離です。

薬王寺を出たのが午後3時半。キャンプ場には4時過ぎに到着しました。
設営をしていると、隣のサイトの方が声をかけてくださりました。
小松島市内から2家族で来ていた親子連れで
そのうちの1家族の方は、子供さんが生まれるまでは虎毛の秋田犬を飼っていたとか。

子供さんが『触りたい』というので、おとっつぁんが太郎の口元を押さえておいて
その間に親子でなでなで~(笑)お兄ちゃんの方だかが、すごく喜んでくれました。
その後、ちょっと犬の話なんかして、別れ際に男の子が
『どうもありがとうございました!』って頭をペコリと下げていったので
お竹さん、やたら感激してしもた(^^;)

最近、どこに行っても行儀の悪いクソガキばっかりで
まぁ、だいたいそういうのは親見りゃ『この親ならしゃーないわの』って感じだけど
やっぱり、ちゃんとしてる子はちゃんとしてるんだ~って感心した次第です。

そんなわけで、とても良い気分で設営をすませて、買い物&お風呂へ。
今回のお風呂は、ホテルリビエラししくい で、宍喰温泉に入りました(^^)料金は600円也。
お風呂に着いた時には暗かったので、写真はありませんm(_ _)m

買い物とお風呂をすませたら、お楽しみの夕食~♪
お遍路やってると、わりとちゃんとした昼ご飯とか食べられないんですよね(>_<)
f0008935_1781496.jpg

太郎さんも、キャンプの時はお肉いっぱいもらえるのでご機嫌♪
その日はビールも美味しくいただき、10時にはもう夢の中だったと思います(笑)

翌朝~!
f0008935_17185441.jpg

おとっつぁんに、朝ごはんのパンの耳をもらう太郎さん(^^)
太郎は、なぜか外出先ではいつものカリカリを食べないんですよねぇ…。
出かける=旨いもの食える…と思ってるからかな?
何せ、食パンは大好物なんで、よく食べますが(´∀`;)アハハ
f0008935_17224034.jpg

f0008935_17225352.jpg

連休でしたので、サイトもほぼ満杯状態でした。

天気もよさそうだし、最高のお遍路日和になりそうです。
朝ごはんと片付けをすませて、隣のサイトの親子に挨拶をして
2時間かけて、いよいよ高知県一発目の札所、最御崎寺を目指します~!

                                         ~続く~

※沢山のコメント、本当にありがとうございます。全てありがた~く読ませていただいております。


↑ありがとうございます

[PR]
by nyayu2648 | 2014-01-15 17:24 | 犬連れ遍路

お遍路日記、今日こそ徳島編最終更新です(笑)
本当、写真見てもあんまり思い出せないことばっかりで…(^^;)
なので、薄味の更新となりますが、お許しをm(_ _)m

数年ぶりとなるロープウェイにも乗り、無事に太龍寺の参拝を終えたお竹一家。
なんとか今日中に徳島のお寺を制覇すべく、次の22番札所、平等寺へ向かいます。
f0008935_21332458.jpg

立派な山門ですね~(^O^)
こちらの山門をくぐって境内に入りますと…
f0008935_21351874.jpg

本堂へと続く長い階段が…。こちらの階段、厄除けの石段となっておりますが
厄除けの石段といえば、四国では次に参拝する薬王寺の階段が有名です。
が、他にも沢山のお寺に『厄除けの石段』というものが存在しております(^^)
f0008935_2139218.jpg

こちらは大師堂。本堂の写真は、石段の角度の関係で撮影できず…(T-T)
参拝の後、境内にあった売店(?)で、お守りをひとつ購入しました(^▽^)

こちらの平等寺には、お大師様が杖で掘られたという井戸があり
今でも絶え間なく水が湧き出しております。
容器代200円で持ち帰りもできるようですが、我が家はパス(笑)

さぁ、いよいよ次は徳島県最後のお寺、23番札所、薬王寺です。
こちらの薬王寺、四国では厄除けのお寺として有名で
うちのおとっつぁんも厄年の時には、わざわざ愛媛くんだりから参拝に行ったそうで…。

ちなみに、私が33の厄の時にも行こうと思っていたのですが
愛媛県の菊間町(現・今治市)に
薬王寺よりも位が高いという厄除けのお寺があると聞いて
薬王寺は有名だけど遠いし、位が高いならそっちにするか!ってな具合で
近所でサクッと厄除けをすませた次第です(笑)

そんなこんなで、薬王寺に到着~!
f0008935_21481398.jpg

高さ29mの瑜祇塔(ゆぎとう)が、道中、麓の町からもよく見えてました。
f0008935_215079.jpg

薬王寺の案内板です。前述したとおり、こちらのお寺は厄除けで有名なお寺で
四国の人間は、厄除けというとこちらのお寺を連想する人が多いです。
もちろん、四国四県、どこにもそれなりに厄除けのお寺があるのですが
『厄除けに、薬王寺まで行ってきた』という人はとても多いです。
f0008935_21543667.jpg

f0008935_215451100.jpg

f0008935_2155124.jpg

薬王寺の山門と、仁王像。山門はまだ新しいですね。
こちらの仁王像、『賽銭を投げないでください』との張り紙がありました。
仁王さんに賽銭投げつける不届きものがおるそうな。
像に傷もつくし、第一、ご利益どころかバチが当りそうだわ(笑)
f0008935_2158425.jpg

石段には予想通り、沢山の一円玉や五円玉が置かれていました。
このお賽銭、以前TVでお寺の関係者の方がほうきで掃き落してるのを見ましたが
お正月とか節分の頃は、そりゃもうすごい数の小銭がバラバラと…。
んで、それを掃き集めてまた33枚とか42枚とかにまとめて
参拝に来た人向けに両替してるんだそうで…
f0008935_2223145.jpg

これ、掃き落してる時に下にいたら、小銭飛んできてさぞかし痛いだろうなぁ。
まるで、銭形平次に銭投げられる悪人の気分…?ヽ(;▽)ノ ギャハハ
f0008935_2264934.jpg

f0008935_2271582.jpg

無事に本堂、大師堂と参拝を終え、これで徳島県のお寺は制覇しました(^▽^)
とりあえず、今日中に全部回れて良かった~(笑)

もし無理なら、22番の平等寺を終えた時点でキャンプ場にチェックインし
翌朝、朝一で薬王寺に行こうかと思っていたのですが
キャンプ場は薬王寺よりも高知県寄りなので、一旦引き返すことになるので
もしそうなったらすごく時間的にロスだなぁって思ってたんですよね。
よかったよかった(^^)

これでこの日は参拝終わり!宿泊地の『まぜのおかオートキャンプ場』 を目指します!

                                       ~続く~

※沢山のコメント、本当にありがとうございます。全てありがた~く読ませていただいております。


↑ありがとうございます

[PR]
by nyayu2648 | 2014-01-13 22:12 | 犬連れ遍路

前回投稿から早一ヶ月…(笑)今年も終わろうとしています。

結局、秋のお遍路の更新は年をまたいでということになりそうです(^^;)
何せ、11月末から土曜日出勤が続き、12月23日の天皇誕生日も仕事。
楽しみにしていた連休はパーになり、12月の最終週はかなりグロッキーでした(>_<)

28日にやっと仕事納め…。おとっつぁんは今年最後の忘年会に出かけ
私は一人、夜半からごそごそと年賀状にとりかかったのですが
プリンターの調子が最悪で、朝までメンテ。結局プリンターの調子が上がる事はなく
29日は死んだように惰眠をむさぼり、午後6時からノコノコ近所の電気屋に出かけ
よっぽど新しいプリンター買ってやろうかと思ったのですが
思うような機種がなく、クリーニングシートだけ買って帰ったという…(´-ω-`)

もう二度とエ〇ソンのプリンターなんて買わねー!ヽ(`Д´)ノ ウワァァン!!

とまぁ、そんなこんなで、お遍路の続き、いってみよう~(笑)

。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

19番の立江寺を出発し、焼山寺に並んで、阿波の難所と言われる鶴林寺を目指します。
難所…と聞いてはおりましたが、焼山寺も結局、そう大した事もなかったので
今度の鶴林寺も楽勝だろうと思っていました…が!!

これがまた、狭いわ、うねってるわ、ガードレールは無しで隣は崖だわという…。
焼山寺が一番の難所と言われてますが、私的にはこっちの方が全然怖かった(>o<)
これ、乗り物に弱い人は絶対酔うと思います(´Д`;)ウヘァ

そんな悪路をひた走り、標高570m地点にある20番札所、鶴林寺に到着…。
f0008935_7495878.jpg

f0008935_7505272.jpg

鶴林寺という名前だけあって、鶴の銅像がありました(笑)
f0008935_7533271.jpg

f0008935_756163.jpg

鶴林寺という名前の由来は、昔弘法大師がここで修行していた折に
二羽の白鶴が金の地蔵菩薩を守護していたという言い伝えによるものらしいです。
f0008935_7591611.jpg

境内には立派な三重塔もありました(^-^)

無事に鶴林寺での参拝も終え、次に目指すのは、西の高野山と呼ばれる太龍寺。
その昔、『一に焼山、二にお鶴、三に太龍』と呼ばれ
焼山時、鶴林寺に並ぶ、遍路ころがしの難所と言われてきました。
が、1992年にロープウェイが開通し、難所と言われることもなくなりました。
が、一部の歩き遍路の方は、昔ながらの山道を利用するらしいので
そういった意味では、難所であることに変わりはないようですが…(^^;)
f0008935_816533.jpg

太龍寺のロープウェイ乗り場です。
このあたりの観光名所のようにもなっていますので、駐車場も広いです。
このロープウェイ、20分おきに山頂と麓と往復しているのですが
料金が2400円(往復)と、ちょっとお高め(^^;)夫婦二人だと4800円…。ぐぬぬ…。

出発まで多少時間があったので、売店などウロウロしていたのですが
袖なしの白衣が一着1500円で販売されていたので、2着ご購入(笑)
お遍路も、回を重ねるごとに、装備だのなんだのが増えていくです(´∀`;)アハハ

ロープウェイ入口でチケットを購入し、いざ山頂へ!
…って、高所恐怖症のお竹は、景色を眺める余裕なんてありませんでしたけど(-_-;)
10分ほどで山頂駅に到着しました。
f0008935_8284867.jpg

f0008935_8254097.jpg

本堂への石段が続きます。
f0008935_830950.jpg

↑の画像、本堂の屋根を撮影したものなんですが、一部木が新しいですよね?
これは、2011年の台風6号で、近くにあった樹齢400年の杉の木が折れて
屋根を壊してしまったのを修復した跡なんだそうです。
f0008935_8343622.jpg

太龍寺の本堂の周囲には、十二支や神様等を象った素晴らしい彫刻があり
それを見られただけでも、ここまで来る価値が充分あるなぁと感動しました(笑)
f0008935_8392257.jpg

本堂から大師堂に向かう道の途中に普通の四角形とフクロウの形をした窓があります。
f0008935_840991.jpg

この窓をのぞくと、20番札所の鶴林寺が見えるんですよ(^▽^)
ちっちゃくぽつんと見えるので、えらい遠いとこから来たな~という感じがします(笑)
f0008935_8425093.jpg

こちらの太龍寺、西の高野と言われるだけあって、敷地はかなり広いです。
その広い敷地内にさまざまな建物があるのですが、その一角にある持仏堂(本坊)に
f0008935_8465717.jpg

迫力満点の龍の天井画がありました。
こちらの天井画、高知県出身の竹村松嶺という画家が納めたものだそうで
この画、天井向いてひたすら書いたのか、書いたものを天井に貼り付けたのか…。
私の意見は前者、おとっつぁんは後者なんですが
まぁよく考えたら、あらかじめ描いたものを後から貼るのが妥当ですわな(笑)

無事に参拝、納経も終えて、またロープウェイに乗って山を下ります。
帰りは、怖いのちょっと我慢して、窓から見える景色など撮影してみました(^^;)
f0008935_8545997.jpg

ぽつんと見える、お大師様の銅像…。
f0008935_8572090.jpg

山肌に群れるニホンオオカミ…もちろん銅像ですが。
昔はこの辺りにもニホンオオカミが生息していたんでしょうねぇ…。
絶滅したとされていますが、どこかでひっそりと生き残ってて欲しいなぁ…(´ー`)
f0008935_8594675.jpg

登りのロープウェイとすれ違いま~す。かなり揺れるので超怖いΣ(><;)
f0008935_923736.jpg

かなり降りてきました。那賀川の流れもはっきりと見えます。
ラフティングを楽しんでいる人もいました。

無事に太龍寺参拝も終え、この時点でまだ午後2時前。
今日中に、徳島県最後のお寺、23番札所薬王寺に行けそうです。
というわけで、次の22番札所、平等寺を目指します!
                                         ~続く~
。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

と、なんとか太龍寺までUP(笑)
残りは年明けになるかなぁ…。今年中に徳島編、UPしたかったなぁ…(^^;)

※沢山のコメント、本当にありがとうございます。全てありがた~く読ませていただいております。


↑ありがとうございます

[PR]
by nyayu2648 | 2013-12-30 23:59 | 犬連れ遍路

早いものでもう12月ですね~(笑)
お遍路日記、書かねば書かねばと思っているうちに、今年が終わりそうです(^^;)

正直、『もう書かなくてもいいか…』などと不届きな事も思ったりしたのですが
せっかく1番札所からずっと書いてきているので
ここはひとつ、頑張って更新しようと思います(´∀`;)アハハ
何せ、朝も30分早く出勤、12月は土曜日も全部出勤ってことで
現在週休1日制となっておりますので(笑)
飛び飛びの更新になると思いますが、年内にはなんとかしたいと思ってますm(_ _)m

。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

10月12日夜、一度実家に寄って、投薬の必要なめいちゃんと
老猫ぺロさんを預けて、今夜の宿泊地、『道の駅 公方の郷なかがわ』を目指します。
翌日は小松島市にある18番の恩山寺からのスタートなのですが
こちらの道は小松島市を通り越して、阿南市になります。
小松島に適当な宿泊地が見当たらなかったので、ちょっと通り越すけど仕方ない…
ってことで、ここに決定しました。

明けて翌朝、10月13日。
f0008935_121251.jpg

道の駅、公方の郷なかがわを出発して、小松島市に引き返し
18番札所の恩山寺を目指します。
f0008935_122166.jpg

駐車場に車を停めて、えっちらおっちら、山道を上がっていきます。
f0008935_1242278.jpg

ちょうど坂を登りきったところで、大きなお大師様の像が迎えてくれました(^-^)
f0008935_127251.jpg

急な階段を登りきったところに本堂があります。
階段嫌いの太郎が登るのを拒否したので(笑)
おとっつぁんと交代で本堂まで上がり、一人づつ参拝しました(^^;)
f0008935_1293649.jpg

こちらが大師堂。大師堂右側の手前に見える小さな建物は『玉依御前の剃髪所』
弘法大師のお母様が剃髪した場所とされ、母君の髪の毛が安置されているそうです。
f0008935_12142623.jpg

f0008935_12575717.jpg

また、こちらのお寺には地蔵堂があり
五百羅漢等、沢山の仏像が安置されていました。
f0008935_12173559.jpg

帰り際、このお大師様の銅像の前からなかなか動かなかった太郎…。
押しても引っ張ってもダメ。仕方ないので暫くここに佇んでいましたが(笑)
よっぽどここが気に入ったのかしらん?(^^;)

そんなこんなで、やっと太郎が腰を上げてくれたので
次の目的地、19番札所の立江寺へと向かいます。
f0008935_12222912.jpg

立江寺山門。沢山の人が入れ替わり立ち替わり、写真を撮っていました。
f0008935_1231199.jpg

立江寺の本堂。
f0008935_12321313.jpg

こちらの本堂を入って左側には寿老人が
右側には画像の賓頭盧尊者(びんづるそんじゃ)が安置されていて
息災延命等の願いをかなえてくれると言い伝えられています。
f0008935_12372932.jpg

f0008935_12374416.jpg

境内では、男の子が鳩に餌をあげたりしてのんびりとした時間が流れていました(^^)

が!こんなのんびりとした雰囲気とは裏腹に、ここのお寺にある『黒髪堂』に
『肉付鐘の緒』という、世にも恐ろしいものが安置されておりまして…(><;)
ざっくり申しますと、不貞をはたらいた女性の髪の毛が鐘に巻きつき
住職にお願いして懺悔すると、巻きついた髪の毛が頭の肉ごと剥がれたという…。
なんとも((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルなお話でありますな(´-ω-`;)

ヘタレのお竹は『今夜夢にでも出てきたら大変』とばかりに
その実物は見ておりませんが、興味がある人は是非…。
ただ、髪の毛の量も想像より多くて、かなりグロいらしいです…(´Д`;)ウヘァ

さて、次はいよいよ、焼山寺と並んで阿波の難所ともいわれる
20番札所、『鶴林寺』を目指します!
                                       ~続く~

※沢山のコメント、本当にありがとうございます。全てありがた~く読ませていただいております。


↑ありがとうございます

[PR]
by nyayu2648 | 2013-11-30 23:59 | 犬連れ遍路

長々とお付き合いありがとうございました。
お遍路日記最終日は、大ちゃんスペシャルです(笑)

お遍路を終え、途中のSAでうどんを食べた後
再び猪鼻峠を山越えして、ペロさんの待つ実家へと到着しました(^▽^)
出迎えてくれたのは・・・
f0008935_17343833.jpg

f0008935_1734382.jpg

おつべたて(お尻を高くあげる仕草w)しながら馬アキレスをかじる大ちゃん(笑)

この日は太郎も以前ほどガウガウ言わなかったので
ちょっと試しに車から下ろしてみたら、案外大丈夫だったので、久々の兄弟2ショット(^^)
f0008935_17362941.jpg

上がり目の大ちゃんと垂れ目のタロさん(笑)一応、異父兄弟です(^^;)
f0008935_1737622.jpg

ペロさんも終始ご機嫌で、自分から外に出てひなたぼっこしたり
大ちゃんのそばに寄って行ったりと、元気に過ごしていたそうで安心しました。
が、実家の猫達(特に花ちゃん(^^;))は、かなりご機嫌斜めで
たまは帰り際に姿を見ましたが、花ちゃんはとうとう会えず仕舞いでした(^ω^;)

なんとか無事に2回目のお遍路終了しました。
次回は秋ごろの予定です(^-^)
それまでまたまた放置ブログになる事が多いと思いますが(笑)
これからもお竹ブログをよろしくお願いします~m(_ _)m

※沢山のコメント、本当にありがとうございます。全てありがた~く読ませていただいております。


↑ありがとうございます

[PR]
by nyayu2648 | 2013-05-17 17:40 | 犬連れ遍路 | Comments(8)

15番・国分寺での参拝を無事に終え、とっとと次の観音寺を目指します。
国分寺から観音寺までは、車で約5分程の距離です。

この観音寺、住宅地の中にあって道も狭く、駐車場も5台くらいしか停められません。
ちょうど一台出かかっていたので、少しだけ待って、無事に停める事ができました。
f0008935_1826576.jpg

街中の旧道沿いにある、立派な山門が目印です。
f0008935_18282792.jpg

本堂は比較的新しい建物のようですね。
f0008935_18283331.jpg

狭い境内に、本堂や大師堂が、ひしめき合うように建っています。
何せ駐車場が狭いので、後から参拝に来る人たちの為にも
さっさとお参りして、さっさと車を出します(^^;)

サクサクと観音寺での参拝を終え、本日の最終目的地、17番井戸寺を目指します。
16番の観音寺を出発し、狭い旧道を暫く走って、こちらも5分程で到着。
井戸寺もどちらかというと街中にありますが、駐車場はかなり広~いです(^^)
f0008935_18331640.jpg

井戸寺の駐車場がお寺の裏手にあるので、一旦表通りまで出て
山門から入りなおしました。門を入ったあたりで、ちょうど3日程前に
15歳の愛犬を亡くしたばかりだという御夫婦に声をかけていただきました。
f0008935_18363744.jpg

ここのお寺は先ほどの観音寺と違って、境内も広いです。
弘法大師が一夜で掘ったと言われる井戸もあり、それがお寺の名前の由来とか・・・。
f0008935_18381094.jpg

大師堂にお参りして、おとっつぁんが納経してもらうのを待っていると
長い白いひげを生やした、まるで仙人のようないでたちの老人が

『太郎!太郎ちゃん!』

と声を掛けてきたので、ちょっとビックリしました(笑)
この老人、ずっと手水舎の前の休憩所で、他の歩き遍路の人としゃべっていたので
太郎の名前は知らないはずなのになんでだろう?と思ったのですが
御老人曰く、『なんとなく太郎だと思ったw』とのこと(^^;)

この御方、高橋香水さんと言う方で、歩き遍路の人の間ではちょっとした有名人。
もう160回以上お遍路を歩かれているそうなのですが
今年の冬に脳梗塞を患い、今は歩き遍路はされてないとのこと。
知る人ぞ知る、草へんろ幸月さんのお話等をして
別れ際に、『旅のお守りに…』と、金の納札をいただきました。

香水さん、ありがとうございました。どうぞお体を大事にしてくださいね。
ちなみに、髭生やして仙人みたいなので、すごく年寄りに(80歳近く)見えたのですが
納札に書かれた年齢をみると、まだ63歳でした…失礼しました(^^;)
f0008935_18462183.jpg

井戸寺の案内子坊主。結構最近のものみたいですね。
赤いほっぺで顔色も良さそう(笑)長い睫毛が羨ましいけど、可愛いかと言われると…(笑)

井戸寺を出た時はまだ午後2時過ぎだったのですが
次の18番・恩山寺は小松島市にあり、距離的には20km程ですが
徳島の市内を抜けていかなければならず、帰りの行程を考えてもロスになるので
本日は井戸寺で終了です。
次回(3回目)のお遍路は少し涼しくなった秋頃に再開しようかと思っております。

そんなわけで、井戸寺を出発して土成ICから高速に乗り
途中の吉野川SAで軽くうどんを食べて、ペロさんを迎えに実家に向かいま~す(^▽^)

                             あとちょっとだけ続く(笑)

※沢山のコメント、本当にありがとうございます。全てありがた~く読ませていただいております。


↑ありがとうございます

[PR]
by nyayu2648 | 2013-05-13 18:53 | 犬連れ遍路