ブログトップ

お竹さんは心配症

前回更新から早二週間・・・ヾ(--;)ぉぃぉぃ
マッサンのウイスキーばりに熟成が進んでいるお竹ブログでありますw

さて、今回からは松山市内編。
実は、リアルのお遍路も松山市内途中で止まっておりますので
これでやっと、リアル遍路とブログの更新が追いつきそうです(笑)

今年中には高野山に行きたいと思ってはおるのですが
はたしてその目標は達成できるのか?(´Д`;)ウヘァ
ちなみに今年はまだお遍路に行っておりません・・・(爆)

。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.。oOo。.:*:.

2014年11月24日。三連休の最後の月曜日。
本当は朝からお遍路に行こうと思っていたのですが
グズグズしてるうちに昼過ぎになってしまい、どうしようかとも思ったのですが
松山市内だし、行けるとこまで行ってみようってんで
午後1時も過ぎてから、ノロノロと出発(笑)

11月の初旬に、久万高原町のお寺2件は済ませておいたので
今日は松山市浄瑠璃町にある、第46番・浄瑠璃寺からのスタートです。
自宅からは1時間もかからない距離にあります。

午後2時過ぎに到着。階段を上がり、境内に入ったところの手水場で
亀さんが迎えてくれました。
f0008935_0334346.jpg

f0008935_033538.jpg

とぼけたお顔が愛らしい親子亀です(^^)
f0008935_035914.jpg

浄瑠璃寺本堂。
f0008935_037251.jpg

大師堂。
この浄瑠璃寺、結構な住宅街の中にあるのですが
お寺の一角だけ、木々が生い茂っていて、住宅街にあるとは思えない光景。
住宅街といっても郊外なので、松山でもかなり田舎のほうではありますが(^^;)
f0008935_0391637.jpg

境内にある『もみ大師』。
この他浄瑠璃寺には、色々な種類の『ご利益の石』があります。
時間がある時は探して回るのも楽しいかも(^-^)

さて、我が家はサクサクと次の第47番・八坂寺を目指します。
実は、我が家から浄瑠璃寺に行く時に、この八坂寺を通り過ぎて行ったので
少し戻るように車を走らせます。浄瑠璃寺からは1km、5分もかかりません(笑)

と、八坂寺の境内に入ったとたん、猫発見!!
f0008935_044242.jpg

f0008935_044316.jpg

f0008935_0444188.jpg

みけこさんばりの長毛の、なんとも可愛い三兄弟!(三兄妹?)
後でわかったのですが、納経所の前に『里親さん募集』の張り紙があり
元々四兄弟だったようで、一匹は貰われていき、残った三兄弟のようです。

お寺の方で健康診断やノミの駆虫も済ませており
できれば心やさしい誰かに貰われてくれれば・・・との思いだったようです。
もう本当、まとめて連れて帰りたい衝動にかられましたが
うちにはすでに6匹おりますし、どれか一匹という選択なんてできません。
まとめて三匹連れて帰ったら9匹の大所帯・・・。うむ(´-ω-`)

どうか良い人に貰われておくれと思ったのですが
その後、この猫達が気になってちょっと調べてみたら
どうやら三匹ともそのままお寺に住みついてるらしいです(^^;)
しっかり『寺猫』になっちゃったのね(´∀`;)アハハ
f0008935_0521880.jpg

八坂寺本堂。
f0008935_05348.jpg

八坂寺大師堂。
f0008935_055472.jpg

本堂と大師堂の間にある閻魔堂。
地獄の途と、天国の途があります。とりあえず両方歩いてみた(笑)

参拝も終わり、先ほどの三兄弟をなでまくって、名残惜しく外に出てみると
境内入口の橋の上にも猫が!!
f0008935_057291.jpg

すっごい貫禄・・・(^^;)
マイケルよりもでかくて、全盛期のぺロさんよりは小さいって感じかな?
f0008935_0593920.jpg

f0008935_0595359.jpg

どうやらこの猫もここのお寺に住みついている猫らしく
名前をドラちゃんというそうです(*^▽^*)
いかにも寺猫という感じのその風貌、只者ではないオーラを醸しまくってます(笑)
なんとなく、お大師様の使いの猫のような気がしました。

うーん八坂寺、猫好きのお竹にとってはパラダイスのようなお寺です。
ただ、どうしても連れて帰りたい衝動にかられるので
危険なお寺でもあります(´∀`;)アハハ

なんだかお遍路ブログじゃなくて猫ブログみたいになってしまいましたが
今日は2月22日、猫の日なんで、丁度良かったということで・・・。
f0008935_163682.jpg

最後に、我が家の守り猫になってくれているであろうぺロさんと
現在我が家の御猫様の頂点に君臨しているみけこさんのツーショット。

ぺロさんとみけこさんだけの時は、まだ家の柱も壁も畳も、きれいだったなぁ・・・。
え?今ですか?・・・(´・ω・`)
そのうち我が家の惨状をUPしますよ、ええ(´-ω-`)

さて、八坂寺の猫さん達に別れを告げ、次のお寺、第48番・西林寺を目指しま~す!
 
                                           ~続く

※沢山のコメント、本当にありがとうございます。全てありがた~く読ませていただいております。


↑ありがとうございます

[PR]
by nyayu2648 | 2015-02-22 23:59 | 犬連れ遍路

高知市内のお寺は種間寺で終了。
次はお隣の土佐市にある第35番・清瀧寺(きよたきじ)を目指します。
種間寺からは車で30分ほどの距離にあります。

この清瀧寺、事前にガイドブックで調べたら
めちゃくちゃ細いミカン畑の間の山道の
うねうねとつづら折りになったところを上がっていくらしく
退避所もほとんどない上に、退避所以外の場所では離合は絶対無理。
運転に自信がない人はタクシーを使うのが無難・・・
などと恐ろしい事を沢山書いてあったので(^^;)
運転に自信はあるけど(プッw)車がでかいので、山道は歩くことにしました。

山の麓の高速道路の高架の下に数台の車が停めてあったので
恐らく、ここから徒歩で清瀧寺を目指してるお遍路さんのものと推測。
我が家もそこに車を停めて、いざ山登り。
ガイドでは1km程の距離だと書いてあったのですが・・・。
f0008935_15325543.jpg

てくてくと歩いていると、後ろからどんどん車に追い抜かれます。
『みんな結構車で上がりよるなぁ』なんて話しながらどんどん歩きます。
山道と農道の分岐のところで、大きな乗用車に乗ったご夫婦に
『ここから先は車はダメなんですか?』
と聞かれたので
『いえ、車でも上がれるそうですが、うちは車が大きいのでやめたんです』
というと、そのままブーンと車で上がっていきました。
えっちらおっちら、ミカン畑の間の道を歩いていきます。
f0008935_15374371.jpg

途中、何か商売をされてるような倉庫があり
そこで飼われているらしいワンコが放し飼いなのか、ウロウロしていました(笑)
倉庫の裏がお墓だったので
『あのワンコはきっと墓守に違いないw』
などと話しながら、なおもどんどん上がっていきます。

道はというと、確かに細い。軽四ならまだしも、普通車だと道幅いっぱいです。
徒歩の私たちも、道の脇の草むらに避けないと車が通れないくらい。
途中何度も、下ってくる車との離合に苦労しているところを見かけました。
いやいや、無理してアルちゃんで上がってこなくて良かったよ(^^;)

しかし、ガイドでは1km程の距離・・・とあったのですが
登っても登ってもたどりつきません。
太郎とおとっつぁんはどんどん上がっていき、とうとう姿が見えなくなりました(笑)
頑張って登るお竹さん。山道・階段でおいてけぼりはいつものことヽ(;▽)ノ ギャハハ

登り始めて30分。やっとのことで境内にたどりつきました。
f0008935_15494448.jpg

清瀧寺本堂。
f0008935_15495290.jpg

清瀧寺大師堂。
本堂と大師堂は渡り廊下でつながっています。
f0008935_15514630.jpg

f0008935_1552515.jpg

境内には金刀比羅神社のお社もあり神仏混淆の名残を感じます。
f0008935_17114114.jpg

厄除けのお戒壇めぐりもできます。
薬師如来像の下部がお戒壇になっています。
私が太郎と待ってる間に、おとっつぁんが黙って勝手に一人で行きやがったw
f0008935_15573659.jpg

f0008935_15574764.jpg

境内から見える景色。
矢印のところに車を停めて上がってきたのですが
こうやってみると随分向こうのほうに見えます。・・・よく歩いたなぁ(^^;)

上がったら下りないといけません(笑)
また来た道を、えっちらおっちらおりていきます。

途中、軽四とバンがどうしても離合できなかったようで
上りの車と下りの車が連なって大渋滞しておりました(^^;)
軽四のドライバーは女性で、何度も切り返ししておりましたけど
他の人が指示してくれているのもお構いなしで(笑)
明後日の方向にハンドルを切ったり、5cmくらい動いたと思ったらバックしたり(´-ω-`)

運転に自信がない人はタクシーを使いましょう・・・とガイドブックに書いてあったのが
今さらながら噛みしめられます(´∀`;)アハハ
しんどかったけど、うちは歩いて登って良かったよ(^^;)

上ったのと同じ、30分かかって、やっと車に戻ってきました。
f0008935_16115351.jpg

途中、脇道をプチ探検したりしたので、ちょいとロスしました(笑)
f0008935_1694444.jpg

黄色い丸で囲んであるところが清瀧寺ですので
こうやって見ると頂上にあるわけでもないし、簡単に行けそうだったんですがねぇ。
f0008935_17303871.jpg

帰宅後、上ったルートを確認すると、上の画像のルートだったようです。
距離はおよそ1.4km。
ガイドブックにあった1km程の距離ですっていうのは、分岐あたりからの距離ですね。

今回のお遍路で、一番長い距離を歩き、一番汗だくになりました(笑)
不思議と疲労感は感じませんでしたが、何せ汗だくだくで暑いので
着ていたアンダーシャツ(ヒートテックもどきw)脱ぎました(爆)

さて、いよいよ次の第36番・青龍寺で日帰り遍路高知編終了です。
清瀧寺から青龍寺までは、車で約30分かからないくらいの距離です。

ちなみに、35番は清瀧寺(きよたきじ)、36番は青龍寺(しょうりゅうじ)。
字面では、さんずいが有るか無いかだけの違いですね(笑)

青龍寺に着くと駐車場がいっぱいでした。
青龍寺の次は岩本寺なのですが、青龍寺からだと1時間半くらいかかるので
いったんここで終わりにする人も、結構多いのかもしれません。

ちなみに青龍寺はペット禁止です。
てか、さっき清瀧寺ですごい山道登ってきたばかりなのに
ここもまたすんごい階段を上らなきゃ本堂にたどりつけない。
一難去ってまた一難。・・・修行ですな(笑)
f0008935_16295887.jpg

さぁ、頑張って上がるよ~!
f0008935_16305766.jpg

青龍寺山門。まだまだこれからです。階段はずっと山門の奥まで続いてます。
f0008935_16341574.jpg

あぁ~、やっと本堂の屋根が見えてきたよ・・・(´Д`;)

ってことで到着~!
f0008935_16375637.jpg

青龍寺本堂。
f0008935_16395649.jpg

青龍寺大師堂。
f0008935_16414251.jpg

波切不動明王。青龍寺の御本尊でもあり、海の安全祈願にご利益があります。

ちなみにこの青龍寺。近くに、高校野球の強豪・明徳義塾があるのですが
元横綱の朝青竜が明徳義塾の出身で
母校に近いこちらのお寺にちなんで四股名をつけたんだとか。

さて、参拝も無事に終わり、また階段を下りていきます。
青龍寺の納経所は、麓に近い、山門を出て少し下ったところです。
f0008935_16485061.jpg

上から見ると奥に山門とか見えて、簡単に上がってこれそうだけど
実際上がるとなるとこれがなかなか・・・(^^;)
f0008935_1653837.jpg

階段の途中にある慈母観音。奥には不動明王像。
水が流れ落ちているところが行場。滝に打たれて修行するところです(笑)
f0008935_16554999.jpg

駐車場から見える、赤い三重塔が目をひきます。
この青龍寺参拝で、やっと高知県の札所全て周り終えました。
時間はちょうど午後二時。
ご飯でも食べて帰りましょう!目指すは南国ICの近くの変なレストラン(笑)

変なレストラン、『ゆず庵』。名前は普通ですが、色々変なんです(笑)
でも、食事はとっても美味しいんですよ!
おとっつぁんと来るのは2回目かな?
f0008935_16595176.jpg

かつおの塩たたき。
f0008935_1704090.jpg

私の注文した、土佐ジローの唐揚げとオムライスのセット。
f0008935_1724269.jpg

おとっつぁんはくじらカツとオムライスセット。
オムライスに使われている鶏肉は、もちろん土佐ジローです。
沢山歩いて、沢山階段も登ってお腹空いていたので、美味しかったです。

長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。
今回が今までで一番画像が多かったです。
なので、この記事書くのにも1時間以上かかりました(爆)

てなわけで、やっと高知編終了!次回からは、途中になっている愛媛編!
松山市内の、第46番浄瑠璃寺からのスタートです。

更新時期はもちろん未定!!ヽ(;▽)ノ ギャハハ

※沢山のコメント、本当にありがとうございます。全てありがた~く読ませていただいております。


↑ありがとうございます

[PR]
by nyayu2648 | 2015-02-08 17:14 | 犬連れ遍路 | Comments(6)