ブログトップ

お竹さんは心配症

ご無沙汰しておりました。
今年最初の更新となりました(笑)
今年もよろしくお願いします。

とりあえず、皆元気です(^-^)
f0008935_1324782.jpg

先日の寒波の時、一瞬ですが、雪が積もりました。
積もったと思った10分後には、溶けてなくなりました(^^;)
f0008935_1343348.jpg

たまこさん、でっかくなりました(´∀`;)
お竹家の歴代の猫の中で、一番ワル子です。お話になりません。
毎日、毎日、何かしらやらかして怒られております(´Д`;)
f0008935_1365975.jpg

マイケルとめいちゃんは相変わらず仲良し♪
f0008935_1382644.jpg

あんこちゃんとたまこさん。ワルコンビw
あんこちゃんは忘れた頃に、羽毛布団にシッコします(爆)
私はもう、羽毛ふとんで寝るのをやめて、ニトリの洗濯できる布団に替えました(笑)
f0008935_141991.jpg

きなこさんは優等生グループ。
ですが、一番身軽なので、あちこち上がりまくっては棚の上の物を落としてますw

らいぞうさんとみけこさんは、良い画像が無かったので(2人ともゴメンw)
次回ということで(^^;)
お詫びに、実家の大ちゃんです(*^^*)
f0008935_1455785.jpg

お正月にちらっと帰省した際、アルファードに乗り込み
暫く降りてきませんでした(^^)
お出かけ大好き大ちゃん、今は『ほぼ座敷犬状態』だそうです(^-^)

そんなこんなで、今年も不定期ブログと化す予定のお竹ブログですが
たまに見てやってくださると大変喜びますm(_ _)m

※沢山のコメント、本当にありがとうございます。全てありがた~く読ませていただいております。


↑ありがとうございます

[PR]
# by nyayu2648 | 2016-01-27 01:48 | 暮らし

本日のタイトルは、良寛和尚の句です。

12月に入り、ゲンパパさんやすずどんさんと
白くなった姫路城を見に行ったり
翌日には岡山の秋田犬本部展に行って
懐かしい人と再会したり、はじめましての人とお会いして
楽しい日を過ごしていたのですが・・・。

12月11日午後、義母が永眠しました。
満で96歳でした。

12月に入って仕事が忙しく
やっと残業を替わってもらって、お見舞いに行こうとしたその日でした。
会社を出て、病院に行こうとしたその時に、主人からの電話で知りました。

ここ一カ月程、足に水がたまるということで
入退院を繰り返していたのですが
お見舞いに行っても、割に元気そうで
高齢にも関わらず、頭はとてもはっきりしていたので
まさかこんなに早く、義母とのお別れがやってくるとは
ゆめゆめ思っていませんでした。

私にとっては義母・・・ということになるのですが
何せ私と主人が歳が離れているのと
主人が6人兄弟の末っ子なので
私にとっては、義母というより
優しい優しい、祖母のような人でした。
良いか悪いかはわかりませんが、姑という感覚はなかったです。

義母は大正8年生まれ。
若い時から働き者で、決して裕福ではなかった家計を支えておりました。
義父がどちらかというと呑気な人だったので
主人や兄弟達に昔話を聞いていても
義母が大変に苦労したのは想像に難くないです。

人の悪口を言わず、歳を取ってからでも自分の事は自分でできて
義姉が近くに住んでいるので、再々行って身の回りの世話はしていましたが
最後まで、70年住んだ主人の実家で、一人で生活していました。

亡くなる数日前まで、比較的元気で
最後もあまり苦しい思いもせずに逝ったようなので、それが救いです。

ただ、もっともっと、義母には100歳まで長生きして欲しかったので
残念で、寂しくて、もっと色々、何かしてあげれたのではないかと悔みます。

本当に本当に、優しくて素敵な義母でした。
最後まで、子供孝行・嫁孝行だった義母には、感謝しかありません。

主人は末っ子で、上の兄姉5人が学校を卒業してすぐ家を出たのに比べ
27歳まで義母と生活していたので、一番長く義母と過ごし
大変なお母ちゃん子でした。
覚悟はできていたそうですが、主人の寂しさは察するに余り有ります。
他の兄弟、孫たちも、それは同じだと思います。

そのような事ですので、年賀状等、年始のご挨拶は控えさせていただきます。
どうぞよろしくお願いします。

ばあちゃん、今まで本当にありがとう!
f0008935_9553416.jpg


※沢山のコメント、本当にありがとうございます。全てありがた~く読ませていただいております。


↑ありがとうございます

[PR]
# by nyayu2648 | 2015-12-17 10:02 | Myself

さて、早くも師走。12月になってしまいました。
今年中には結願できると思っていたはずなのですが
結局、来年に持ち越しになりそうです(^^;)

ではでは、11回目のお遍路の続きをば・・・。

なんだかんだで雲辺寺で1時間程過ごした後、第67番・大興寺へ。
この辺りになると、ナビなしでもスイスイ行けるくらいの地元ィ(ジモティ)お竹w
今回は、普段使っている道が工事中で通行止めだったので
一つ手前(雲辺寺側からだと、一本西側の道)を曲がるようにとの看板がありました。
f0008935_22355486.jpg

大興寺山門。中の仁王像は運慶作で、高さ3.14mあり
四国霊場の中では最も大きな仁王像となります。
f0008935_22385321.jpg

おとっつぁん鐘突きます。ゴ~ン!
f0008935_22411895.jpg

大興寺本堂。本堂左側にちらっと見える建物が大師堂。
右側の建物も大師堂なのですが、こちらは天台宗の大師堂。
元々は天平の頃に、東大寺(華厳宗)の末寺として開かれたのですが
後の時代に最澄の影響で天台宗となり、その後火災で焼失した諸堂を
弘法大師が再建したことで、真言宗と天台宗のお堂が並ぶようになったそうです。
f0008935_22473836.jpg

大興寺大師堂。こちらは真言宗のものです。

さて、第67番の大興寺でお参りをすませて、順番的には次の第68番・神恵院へ・・・
となるところなのですが、帰りに実家に寄るつもりでしたので
ルート的な事を考えて、先に第70番の本山寺に参拝することにしました。

おとっつぁんはなるべく順番通りに行きたかったみたいなんですが
運転手は私なので、つべこべは言わさないw
だいたい、神恵院に行く途中の道にあるんだし、その方が効率的だしぃ~

てなわけで、第70番・本山寺へ。
ここもよく知ってるお寺なんですが、なんか以前と雰囲気が違うような・・・。
f0008935_22533086.jpg

本山寺山門。看板(?)だけ新品にになってるw
それに、境内ももっと鬱蒼とした感じだったような気がするんだけど・・・。
f0008935_2255433.jpg

本山寺本堂。鎌倉時代に建立時そのままの建物で、国宝です。
f0008935_22564984.jpg

本山寺大師堂。
この本山寺、五重塔があるので、地元でも名の知れたお寺なのですが
本堂脇の看板にもあったように、現在修復中です。
f0008935_2322732.jpg

足場にぐるりと覆われた姿で、ちょっと残念(^^;)

本山寺で参拝を終えて駐車場に向かっていると、大興寺でお見かけした女性が
『これ、どうぞ(^-^)』とみかんを手渡してくれました。
雲辺寺の近くのみかん畑でいただいたものだそうで、おすそわけにと・・・。
ありがたく頂戴いたしました。
今はみかんの国の人ですが、うどんの国のみかんも美味しいよ(笑)

そんなハートフルな出来事にほっこりしながら、次のお寺を目指します。
先ほどすっとばした、第68番・神恵院と、第67番観音寺です。
この二つのお寺、同じ敷地内にあるので、参拝もラクチン。
おまけに、子供の頃、このお寺と同じ町内に住んでいた事もあって
お馴染みすぎて『なんだかなぁ~(^ω^;)by阿藤快』って感じなんですがね(笑)
f0008935_2310037.jpg

神恵院・観音寺山門。お寺は二つだけど、山門はひとつです。
ちなみに、納経所も一つです。
f0008935_23132959.jpg

神恵院本堂。ちなみに、この建物は平成に入ってからのもので
この建物は、外から見ると四角いコンクリート作りの殺風景なものです。
私が子供の頃はもっとちゃんとした(?)いかにもお寺!って感じの建物だったのですが
なんでこんな近代的なハコモノ寺にしちゃうんでしょうねぇ・・・。
まぁ、お金もかかるだろうし、宮大工もおらんのかもしれんけど、納得いかんわ。
f0008935_23171040.jpg

神恵院大師堂。
f0008935_23185825.jpg

続いて、観音寺本堂。
こちらは室町時代に建てられた朱塗りの建物で、国の重要文化財です。
本堂内には、南北朝時代の落書きもあるそうです。見た事ないけどw
f0008935_23253830.jpg

観音寺大師堂。こちらも朱塗りの綺麗な建物です。
あと、この観音寺の鐘楼堂の彫刻はすごいです。
f0008935_23312260.jpg

f0008935_23321228.jpg

これで今回のお寺は終了。
ここまで来てそのまま帰るわけにもイカンので、ちょっと実家に寄りまして・・・。
f0008935_23375397.jpg

大ちゃん!可愛いよ大ちゃん❤
f0008935_23381363.jpg

左上にあんなこと書いてますが、大ちゃんは太郎と違って噛みません(爆)

ちょっとだけ寄って帰るつもりだったんですが
両親がご飯を食べて帰れというので、皆で近所のラーメン店に行って
腹いっぱい食べて、お持ち帰りまでして帰りましたヽ(;▽)ノ ギャハハ

親父殿、母上、おとっつぁんと、私以外が全員ビールを飲んでいたのが恨めしい(爆)
いっそ飲んで、泊って帰っても良かったのですが
泊りの用意もしてないし、太郎も御猫様もほっぽらかしなので帰宅しましたとさw

そんなこんなで、今年のお遍路は終わりです。多分。
残りは18ケ寺。来年こそ結願して、高野山に行きたいと思っております(笑)

※沢山のコメント、本当にありがとうございます。全てありがた~く読ませていただいております。


↑ありがとうございます

[PR]
# by nyayu2648 | 2015-12-02 23:43 | 犬連れ遍路 | Comments(2)

11月22日の日曜日に、愛媛県最後のお寺、第65番札所三角寺と
香川県の5か所のお寺、計6ヶ寺を日帰りで参拝してきました。

本当はホッとステイまんのうで一泊して、もう少し回るつもりだったのですが
まんのう公園でイルミネーション等のイベントを開催している関係か
11月のほったら寒い時期なのに、キャンプ場は満杯。
キャンセルが出るかと期待していましたが、比較的暖かかったせいかそれもなく
実家にでも一泊しようかと思ったりもしたのですが
母が少し体調を崩していたこともあり、日帰りということになりました。

てなわけで、午前10時半くらいに自宅を出発。
松山ICから高速に乗り、三島川之江ICで下りて、愛媛県最後のお寺、三角寺へ。
ICから比較的近い場所にあるのですが
国道192号線からの入り口が少し解りにくいのと
そこからお寺までの道がちょっと狭いです(横峰寺よりは100倍マシw)
f0008935_2364829.jpg

駐車場に車を停めて、料金200円払い、この階段を上っていきます。
f0008935_2383257.jpg

三角寺山門。山門に鐘があるのって珍しいw
山門をくぐって境内に入ると、沢山の子供連れのファミリーが弁当食ってましたw
子供会の遠足かいな?
このお寺、山の中腹にあり、標高430mの位置にあります。
ここまで徒歩で上がってくるのは、かなり良い運動になると思います。
f0008935_23121212.jpg

三角寺本堂。約150年前に再建された建物だそうです。
f0008935_2314096.jpg

f0008935_23152010.jpg

三角寺大師堂。紅葉がとてもきれいです。
f0008935_231779.jpg

画像の左側は薬師堂。右側の祠は池の中にあって
ここに弘法大師が三角の護摩壇を築いたことから、お寺の名前が三角寺になったとか。
ちなみにこの三角寺、桜の名所にもなっていて、かの小林一茶が
『これでこそ 登りかひあり 山桜』という句を残しています。
f0008935_2320355.jpg

季節外れの桜も咲いておりました(笑)

さて、この三角寺で愛媛県のお寺も全て終了。
いよいよ涅槃の道場、香川県のお寺に突入です!
香川県最初のお寺は、第66番・雲辺寺。
お竹の実家から比較的近い場所にあり、なじみのあるお寺です。

小学生の頃、家族でここに初詣に来た記憶があるのですが
その頃はまだロープウェイもなく、毎年正月頃には雪も降っていましたので
お寺に向かう山道の途中で、父が車にチェーンを巻いていたのを思い出します。
f0008935_23252722.jpg

瀬戸大橋開通の前年にロープウェイが開通し、随分ラクチンになりましたw
この雲辺寺、標高911mの雲辺寺山山頂にあり
四国88か所の中で一番高い所にあるお寺です。

ちなみにこのロープウェイ、往復2060円。
全長2.6km、高低差660m。
片道7分で麓から山頂へ到着いたします。毎秒10mと、かなりの速度ですw
f0008935_23324315.jpg

雲辺寺山門。かなり新しくて、めちゃくちゃ綺麗です。
私が最後に雲辺寺に登ったのが多分20歳くらいの時なのですが
その時はこんな山門じゃなかったです。
f0008935_23361849.jpg

雲辺寺本堂。こちらは2009年落成で、ほんの6年前ですな。
f0008935_23392615.jpg

こちら、本堂近くにある『おたのみなす』。
おとっつぁんの腰かけている石が茄子の形をしていて
腰かけると努力が報われて願いが叶うというもの。まずは努力せいよw

本堂から大師堂までは少し距離があるので、とことこ歩いていきます。
f0008935_23423865.jpg

タヌキさん、案内ありがとうw
f0008935_23434862.jpg

雲辺寺大師堂。こちらの建物は古そうで、何故かホッとしました(笑)
f0008935_23463233.jpg

納経所。
f0008935_23475290.jpg

山頂付近にある駐車場の紅葉がきれいでした。
やはり、ロープウェイを利用する人が圧倒的多数なので
車は殆ど停まっていませんでした。駐車していた車は全て徳島ナンバーw
ちなみにこの雲辺寺、香川県のお寺となっていますが、住所は徳島県です。
境内に、県境プレートがあり、ロープウェイの駅は香川県側になります。
f0008935_23532491.jpg

f0008935_23542110.jpg

広い境内の参道には五百羅漢が・・・。
f0008935_23562133.jpg

大師乳銀杏も紅葉してきれいです。さすが標高1000m(笑)
このちょうど1000m付近に毘沙門天像があり、像の足元が展望台となっています。
f0008935_005624.jpg

超逆光だったので、かなり補正かけて、やっとこれくらい見えるように(笑)
せっかくなので、展望台に上がってみます。
f0008935_04567.jpg

f0008935_041562.jpg

残念ながら、なーんも見えませんでしたヽ(;▽)ノ ギャハハ

なんだかんだで、一時間程雲辺寺でウロウロしておりました。
再びロープウェイで下山後、次の第67番・大興寺へと向かいます。
画像が多くなりましたので、続きは次回!!

※沢山のコメント、本当にありがとうございます。全てありがた~く読ませていただいております。


↑ありがとうございます

[PR]
# by nyayu2648 | 2015-11-27 23:59 | 犬連れ遍路

前回の今治編から、また期間が空いてしまいました(笑)
まぁ、いつもの事なので気にしない(^^;)
今回は、11月1日に行ってきた、西条編です。

前回の今治編での最後のお寺が第59番の国分寺でした。
順番からいうと、第60番の横峰寺に行くのが順当なのですが
この横峰寺、かなり山の上の方にあって、時間もかかるので
比較的近所に点在している、西条市内のお寺を先に参拝して
横峰寺は最後に行く事にしました。

てなわけで、今回は高速道路を使い、小松ICで下りて、最寄りの第61番・香園寺へ。
f0008935_22333487.jpg

一見するとお寺には見えませんが、香園寺の本堂です(^^;)
大師堂は、この建物の脇の階段(画像左側)を上がって二階になります。
f0008935_2235111.jpg

二階にある、大師堂の入り口です。
この奥に、御本尊の大日如来像と、大師像が祀られています。

この香園寺、お寺と言うより、何かの新興宗教の建物みたいで微妙な気分でしたが
気を取り直して、次の第62番・宝寿寺に向かいます。
61番の香園寺からは車で5分ほどの距離です。
f0008935_22393086.jpg

駐車場から見た宝寿寺。うん、やっぱお寺はこうでなくちゃ(笑)
ちなみに正面に見えているのは旧本堂で、今は本堂は別の建物になっています。
f0008935_22411596.jpg

宝寿寺本堂。ちなみに手前はおとっつぁん(笑)
f0008935_22425085.jpg

宝寿寺大師堂。全体的にこぢんまりしたお寺ですね。

続いて第63番・吉祥寺へ。こちらも宝寿寺からは5分ほどで行けます。
f0008935_22485841.jpg

吉祥寺山門。手前の象さんが、インド的雰囲気を醸しております(笑)
f0008935_2251142.jpg

吉祥寺本堂。インド的象さんとは似ても似つかぬ、純和風の重厚な本堂です。
f0008935_22524994.jpg

吉祥寺大師堂。
この吉祥寺、寺宝にマリア観音像(非公開)があるらしく
高知沖で難破したイスパニアの船長から、長宗我部元親に贈られたもので
元親さん、このマリア様を観音像と思い込み、丁重にお祀りしたんだとか。
お陰でこのマリア様は、江戸時代のキリスト教禁令の時も無事だったそうです。
勘違い元親さん、まさかのΣd(゚д゚*)グッジョブ!!

マリア像、一回くらいは見てみたいと思いつつ、次の第64番・前神寺へ。
吉祥寺からは車で10分ほどです。
f0008935_2321019.jpg

前神寺山門。お寺なのに、何故か狛犬が鎮座ましまし・・・。
この前神寺、山岳信仰の一つとされる、石鎚山の麓に位置しておりまして
修験道の根本道場ともなっているそうで30万人!(◎o◎)の信徒がいるとか…。
f0008935_237611.jpg

なので、本堂もこのように、神社様式となっていて
なんだか、数年前に訪れた出雲大社を思い出しましたよ(^^;)
f0008935_2385755.jpg

こちらは境内にある御滝行不動尊。昔はここで滝に打たれて修行してたそうです。
f0008935_2311418.jpg

前神寺大師堂。こちらはごくごく普通のお寺の建物っぽいです。

これで西条市内のお寺は終了。これから第60番の横峰寺へ向かいます。
この横峰寺、石鎚山の中腹、標高750mの位置にあり、遍路ころがしの難所でした。
林道が開通してからは車でも行けるようにはなりましたが
この林道っつーのが、それはそれは酷い道でして(^^;)
冬場は積雪や凍結のため、通行止めになることもあり、難所には違いありません。

前神寺を出て、山道を暫く上っていくと、林道の料金所があり
そこで普通車1850円徴収されます。お寺の駐車料金も込みの価格だそう。
で、料金所からまたどんどん山道を上っていくのですが
その道がひどいのなんのって・・・。今までで一番ひどい道だったように思います。

離合はもちろんできんわ、舗装してない区間はあるわ、断崖絶壁だわ
坂は急だわ、カーブはきついわ、標識は解りにくいわ・・・。
ぶっちゃけ、ナビ通りに走ってたのに
行き止まり(つか、工事車両専用道路だった)で引き返したくらい。
なんていうか、1850円も取るんやったら、もっともらしい道にせいよ!
と、怒りが込み上げてくる始末。

これ、セレナだったら四駆だったから、もっとラクラク上っていけたんだろうけど
アルファードは四駆じゃない上に図体でかくて重いから、坂道はしんどいね。
すっごい急坂で後ろタイヤ空回りしてキュルキュルいうし(´Д`;)
もし次お遍路する事があっても、もうここを自力で車で上がる事はないね。
麓から出てる参拝専用のバスを使うよ。少々高くても、絶対バスだわ。

てなわけで、前神寺を出て走る事一時間。ようやく横峰寺に到着。
駐車場に車を停めて、徒歩で10分程歩いて境内へ。
f0008935_23285838.jpg

おとっつぁん、鐘突きます。ゴ~ン!
f0008935_2330745.jpg

横峰寺本堂。建物は権現造りで、神仏混淆の名残を感じさせます。
f0008935_23315942.jpg

その本堂のはす向かいにある大師堂。
本堂のそばに階段があり、その階段を下りたところが納経所。
その納経所の奥に山門があったらしいのですが
駐車場に車を停めて歩いてくると全然方角が反対なので、山門見れんかった。
ちなみに探せば良かったという後悔はしていない(´-ω-`)
f0008935_23354875.jpg

駐車場から見える西条の街並み。てか、下界と違ってめっちゃ寒い(>_<)
さっさと下りる事にします。

上りも大変だけど、下りももっと大変。
こんな大変&怖い思いするくらいなら、歩いて上がった方がマシちゃうか?
って思うくらい。・・・まぁ、絶対歩いては上がりませんけど('A`)

てなわけで西条編もおしまい!
愛媛のお寺は残すところ、65番の三角寺だけとなりました。
次回はいよいよ、涅槃の道場、我が故郷香川県に突入です!
やっと終わりが見えてきたかな~という感じ。

11月の連休に、まんのう泊で香川のお寺を回ってやろうと思っていたのですが
寒いし、予約なんて楽勝~と思っていたら、11月1日の時点ですでにいっぱい。
その後もサイトを確認していたのですが、キャンセルも出ないようで
当日突撃ってのもアレなんで、まんのうキャンプは諦めました(^^;)

実家にでも突撃しようかしらん?と考え中のお竹なのでした(´∀`;)アハハ
本日の最後は、秋の味覚を満喫する太郎さんと・・・
f0008935_23484320.jpg

猫達にベッドを占領されながらも爆睡しているおとっつぁんの画像でおしまい!(爆)
f0008935_23505779.jpg

狭いシングルベッドの、さらに隅っこで、それでも爆睡ちう!ヽ(;▽)ノ ギャハハ

※沢山のコメント、本当にありがとうございます。全てありがた~く読ませていただいております。


↑ありがとうございます

[PR]
# by nyayu2648 | 2015-11-14 23:51 | 犬連れ遍路 | Comments(2)