ブログトップ

お竹さんは心配症

お竹さんちのGW その7 寒風山の絶景と男鹿温泉

なまはげ様と再婚する!とおとっつぁんに話したら『頑張れよ』と言われたお竹ですm(_ _)m

ババヘラ@ソーダ味を食べ終えて、男鹿水族館を後にしたお竹一家
オトウサンの先導で、おとっつぁんの運転で、寒風山へと向かいます。

40分程、男鹿半島内をドライブし、ぐるぐるとスカイラインを上って到着。
去年訪れた、大分のやまなみハイウェイのミニチュア版って感じかな?
標高355mですが、それでもかなり上った感じがします。

男鹿水族館見学の間、ずっと車で待っていたタロ坊も、車から降りて一緒に散策です。

f0008935_22214645.jpg

f0008935_22224654.jpg


f0008935_22234726.jpg

f0008935_22245428.jpg

360° 大パノラマ!絶景也~!!
(これで天気が良かったら最高なんだけどいかんせん私は・・・以下略)

東に大潟村、西には大噴火口、南側には秋田湾、北側には白神山地がぐるりと見渡せまます。
(イヤほんま、天気が良かったらもっと絶景なんだろうけど、いかんせん私が・・・以下略)

この景色、大正時代にここを訪れた地質学者の志賀重昂が、世界三景と賞される!と語ったとか。
世界!!っていうとちょっと範囲広いけど、日本三景には充分入ると個人的には思います。
だって、悪いけど、某所の、股の間から見る景色に、私はさほど感動しなかっ・・・ゴニョゴニョ・・・

f0008935_22393134.jpg

頂上の回転展望台の脇にも、可愛らしいなまはげ君が❤看板には秋田犬も描かれています。
この展望台、茶々ママさんが『上がってみましょう!』と言ってくださったのですが
なにぶん我が家は犬連れ。さらに茶々ママさんが『犬連れですが良いですか?』と聞いてくださったのですが

抱っこしてならOKですよ!

・・・と、鮮やかに却下ヽ(;▽)ノ ギャハハ 43kgの秋田犬抱っこして歩き周るのはただの罰ゲームですw
てなわけで展望台には上がれませんでしたが、充分堪能しました(*^^*)

f0008935_22453208.jpg

タロ坊、なんか見えたか?(*^◇^*)

と、午後4時くらいまでここで過ごして、この後私たちは温泉に入っていよいよ待ちに待った夕食!
夕飯の時間が午後6時の予約だったので、ちょうど良い時間だな~と思っていたのですが・・・

タロ坊、乗車拒否!!ヽ(`Д´)ノ ウワァァン!!

水族館で長い事車内にいて、一挙に解放されたのがよほど気持ち良かったのか
何をどうやっても車に乗りません(=_=;)
オヤツでつってみたり、褒めたりなだめたりすかしたり・・・。
イライラが絶頂に達したおとっつぁんが珍しく太郎にゲンコツ入れたら
首のチェーンに当たって自分の手が痛かっただけっていうね m9。゚(゚^Д^゚)゚。プギャーッハハハ

結局、車に乗せるのに20分はかかったんじゃなかろうか(^^;)
ちなみに、今回の遠征で、これだけ長い時間乗車拒否したのはこの時だけでした。
よっぽど寒風山が気に入ったんかいな(笑)

その後、またまたオトウサンの先導で温泉に向かったお竹一家。

f0008935_22555194.jpg

案内された温泉が、なんと犬友のおっかー一家が泊ってるキャンプ場の隣で
しかも、おっかー達も丁度同じ時間に風呂に入りに来てて、見事なシンクロ!!
明後日の本部展で会う約束をしていたので、ここでは少しおしゃべりしてバイバイしました。

f0008935_22574861.jpg

女風呂は貸し切り状態だったので、パチリ(笑)
こんな広いお風呂に、最初から最後までずーっと一人でゆっくり入れて、超贅沢!!
お湯も、鉄分多めの濃厚なナトリウム塩化物泉。体が芯から温まって、お肌ツルツルになるよ!

ここの温泉、『温浴ランドおが なまはげのゆっこ』という名称だけあって・・・

f0008935_23052444.jpg

入口を入ってすぐのところに、なまはげ様が鎮座ましましておられました(・∀・)イイ!!
うん、このなまはげ様もなかなかお竹好みのお顔ですが・・・

f0008935_23091424.jpg

やっぱこちらのなまはげ様が運命の人!(え?人?!・・・人なのか?w)

そんなこんなで、男鹿のお湯を堪能したお竹さん。
いよいよ、楽しみにしていた、茶々ママさんご夫婦との宴会に向かうのでありました~ヽ(*^◇^*)ノ

                                     ~当然、続く~

※コメント欄は空けておきますが、お返事はできないかもしれません。
 でも、何か書き殴っていただくと、お竹が喜びます。
 あと、そのコメが文中のネタに使われるかもしれまへん・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・

[PR]
Commented by 茶々ママ at 2018-05-19 15:08 x
再婚に賛成なおとっつぁん・・・
いい人だったけど、心底いい人なんですね(^0_0^)

太郎さんの乗車拒否は仕方がないですね。
あんなに待たせたのですから、「太郎さんごめんなさいね」

かの運命のナマハゲの作者はあの館内で仕事(ナマハゲの面を彫っている)をしているのです。
お竹さんが惚れてしまったように、彼の彫る面はオドゴブリがいいのです。
オドゴブリとはハンサムな男性のこと。
あの日なんで居なかったのか?

by nyayu2648 | 2018-05-18 23:17 | Comments(1)